夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

FILTHY RICH/フィルシー・リッチ シーズン2 第9話 金の力

あらすじネタバレ 

サヴァンナはフィッシャーを殺そうと決意し薬を調合し注射器に。

ブレイディはパトリシアを使ってサヴァンナとフィッシャーの情事の写真を自宅へ届けさせ、フィッシャーの妻がそれを目にするように仕向ける。

一方、すっかりキリスト教徒となったジョンjrの前にはヴィヴィアンが姿を現し、トゥルブリッジの所有株を売ると話す。

もちろん波乱を狙ってのこと。

そしてジョーは、取り立て屋を殴り逮捕された件で裁判が濃厚になり困った事態に。

ヴィヴィアンの株の行方

ジョンjrはブレイディを訪ね、ヴィヴィアンが株を売ることを暴露。

自分が買うからお金を出して欲しいと言って手を組もうとするが、ブレイディからは信用できないと言って冷たくあしらわれる。

一方でフィッシャーは、ロイドには内緒でヴィヴィアンの株を買う約束をいち早く取り付ける。

ブレイディは再びフォードと手を組みヴィヴィアンの株を手に入れようと画策。

サヴァンナの策略

サヴァンナはフィッシャーとの情事を利用し、彼を殺すため注射を打とうとするが、そこへ妻のキャロラインが乗り込んできたため結局実行することはできず。

サヴァンナからそのことを聞いたブレイディは、自分の作戦が功を奏し、フィッシャーが全財産を握る妻に捨てられれば一文無しになると満足する。

その後、サヴァンナはストリップバーへ。

フィッシャーは全財産を握っている妻と揉めているとスネークにチクる。

スネークはフィッシャーを呼び出し、間違いなく支払うようにと念押し。

家を追い出されていたフィッシャーだったが、ヴィヴィアンの株を買うお金も必要なため、妻のキャロラインと話し合う計画を立てる。

しかしそれを聞いたサヴァンナがキャロラインに会いに行き、謝罪をしつつキャロラインがフィッシャーを許さないように仕向ける。

サヴァンナの策略はうまく行き、妻から離婚を切り出されたと言うフィッシャー。

今は別れたフリをしてくれとサヴァンナに頼む。

ジョー

ジョーの家には、ダニエルの親権の件でトニーの父親がやってきて妥協案を探ろうとするが、アナベルが強気に出たため、ジョーが暴行で逮捕された件を弁護士に話すと言って帰って行く。

その後、マーリアとロイドが結婚することになったと聞き驚くジョーとアナベル。

そこでロイドから、暴行の件で逮捕されたことについて、このままでは取締役解任になるため、金融会社への対応をやめ金で解決するようにと命令される。

納得しないながらも取り立て屋に金を支払い問題の解決を図ったジョー。

そのおかげで暴行の件は不起訴となり丸く収まる。

しかしそこへトニーの父親が現れ、金を渡し中絶を条件に仕事を与えたと言われ驚くジョー。

そんなことはしていないと言うも、トニーの父親は孫の親権は絶対にやらないと言って帰って行く。

ジョンjrの転機

ジョンjrの元には、巨大な国際企業のバディ・ラボから「乗り乗り」のアプリの購入のオファーが舞い込み、ジョンjrは「乗り乗り」を売ることに。

ヴィヴィアンはアリアナの入知恵だろうと言ってアリアナに絡み言い争いになるが、ジョンjrが仲裁に入りアリアナはトレーニングへ。

家に戻り、トニーにお金を渡したのは自分だとジョーに白状するアナベル。

それを聞いたジョーはダニエルを連れて外出するが、アリアナに会い、ダニエルのことをいちばんに考えてと言われ家に戻る。←親権を勝ち取るには安定した関係が必要だから


一方、アリアナに憤るヴィヴィアンをジョンjrが宥めていた。

アリアナのこともキリスト教のことも本気だから受け入れて欲しいと言い、母さんはずっと俺の人生で一番の女性だと話す。

そしてある考えを明かし、それによって母さんと俺の絆は深まると言う。


ブレイディ宅では、少し早いお祝いが行われていたが、そこへ株の件は別の買い手が現れたとフォードの携帯に連絡が入る。

その人物とはジョンjrだった。←アプリを売ったお金で購入

その後、ブレイディに会いに来たジョンjr。

ブレイディから「協力できるかしら?」と言われたジョンjrは、今回の売買の条件はあんたに会社を任せないことが条件だったと告げる。

そして聖書を引用し、「自分で蒔いた種だよ」と言い、組もうと話したのにあんたが断ったと言うと、「俺はもう負け犬じゃない、トゥルブリッジ社の大株主をよろしく」と言って帰って行くのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~今回ばかりはジョンjrの勝利~

今回は完全にジョンjrにやられちゃったね。

そして幸せなお人やなぁと思う。

前回はトニーの死に打ちひしがれて責任を感じてたのに、天使を見て救われたと言って完全復活。

イカれてしまったのかと思っていたら、本当にトニーのことは吹っ切ってるんやね。

トニーの「ト」の字も出てこなかったよ。

単純なのかアホなのかようわからんけど、すっかりキリスト教徒のつもりのようだし、ただどこまで本気なんかは知らんけどね。

アリアナもなんでジョンjrと付き合ってるんやろうかとずっと疑問やったけど、私が思うにアリアナにはたぶんこれまで刺激が足らんかったんとちゃうやろうか?

だってジョーとの関係は長い間プラトニックを続けていたし、姉はどうみても抑圧的。

ジョンjrのようにでたらめで、ヴィヴィアンのような身勝手な人を相手にすると、少し自由になれるというか、優等生でなくていいもんね。

ただ、冒険から目が覚めたらジョンjrを捨てるかも!?


一方、ジョーはダニエルの親権問題でややこしいことになりそうな予感がするなぁ。

取り立て屋への暴行の件は不起訴になったけれど、なんかマスコミに狙われてるようなアングルがあったよね。

波乱が起きそう!

アナベルがトニーにお金と仕事を世話したことも知ってしまったし、ギクシャクするのは避けられへんと思う。


そしてやっとフィッシャーが追い詰められてきたね。

焦っているフィッシャーを見るのは愉快、愉快(*`艸´)ウシシシ

サヴァンナはフィッシャーを殺そうと空回りしてたけど、サヴァンナが手を下すまでもなさそうやね。

全財産を牛耳る妻に捨てられたらフィッシャーは一文無し。

悪事がバレて逮捕されるのが先か、スネークに酷い目に遭うのが先か、どっちやろう?

どっちにしても楽しみΨ(☆w☆)Ψ


そしてそして、今回当てが外れたのはブレイディやね。

フォードと手を組んでヴィヴィアンの株を手に入れる、完璧な計画のはずだったのに、まさかジョンjrにそれを攫われてしまうとは。

おまけにヴィヴィアンがジョンjrに株を売る条件が、ブレイディに会社を任せないことらしいから、手も足も出せない。

黙ってみているブレイディではないと思うけど、ちょっと手詰まり。

こうなると敵の敵は味方ってことで、ロイドと手を組むこともあり得るかもしれんね。

今回ばかりは、スカッとジョンjrやったなぁ。


続きはコチラ
FILTHY RICH/フィルシー・リッチ シーズン2 第10話 泥仕合 - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
FILTHY RICH/フィルシー・リッチ シーズン2 第8話 天使の笑顔 - 夜更けに海外ドラマ