夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

僕の姉ちゃん あらすじ感想 黒木華 X 杉野遥亮主演

ご紹介するのはテレビ東京で放送予定だという「僕の姉ちゃん」

amazonプライムで全話先行配信中の作品。

話数:全10話(1話24分)

原作は、現在もananで連載中の益田ミリ先生の「僕の姉ちゃん」

ちょっぴり辛辣だけれど包容力のある姉・白井ちはるを黒木華さんが、素直で優しい平凡中の平凡な弟・白井順平を杉野遥亮さんが演じています。

1話が24分なのであっという間。

眠る前に鑑賞すると、クスッと笑えていい夢が見れそうな予感がするようなしないような作品。

そしてオープニング曲のハンバート ハンバートさんの「恋の顛末」がこのドラマの雰囲気にピッタリ(*‘ω‘ *)

おすすめしたいドラマです。

それではかんたんなあらすじと感想です。

f:id:orangecoler:20211003084448j:plain

 出典元:https://www.tv-tokyo.co.jp/

あらすじ

両親が海外赴任中のため、2人暮らしをしている姉・白井ちはると弟・順平。

お話は毎回、順平の「これは僕と僕の姉による束の間の2人暮らしの記録です」の一言で始まります。

そして繰り広げられるのは、仕事から帰宅した姉弟が、仕事や恋愛、人生についてを率直に口にするという感じ。

第1話のテーマは「家庭的キーワード」

まだまだ青い素直な順平に、姉ちはるが女性が発する言葉の行間を悪魔的囁きでレクチャーするという展開(*`艸´)ウシシシ

ドラマは、2人の日常を追いながらも、毎回、テーマタイトルに沿って軽く掘り下げるという内容です。

スポンサーリンク

 

 

感想 ~黒木華ちゃんが最高やね(´∀`)ケラケラ~

気軽に観れるドラマだけれど、気軽に観たらドキッとしちゃう、毎回がそんな展開。

そしてなんといっても、やっぱり姉のちはるを演じる黒木華ちゃんがイイんだよね。

「弟よ」としみじみ口にする語り口、すぐに話をコロッと変えちゃうあの感じ。

もちろん弟の杉野遥亮さんも負けてはいません。

姉・ちはる曰く、平凡で無難な男。

でもそれって別に悪いことではないし、時に強みにもなる!

素直だからこそ、姉の言葉が浸透しすぎて、会社では耳がダンボになっちゃうし・・・

その様子は下手すればちょっと挙動不審(*`艸´)ウシシシ

家で姉に恋バナしちゃう社会人の弟って、実際どれくらいいるんでしょうね。

そして家で弟に赤裸々に恋バナしちゃう姉っていうのもどれくらいいるんでしょうね。


第1話で取り上げられた「家庭的キーワード」での姉の考察。

黒木華ちゃんの言葉には、共感しかありません!

そしてそれをうまく使いこなす黒木華ちゃんはとってもナイス(〃艸〃)

まだまだ純真な弟が女性不審になる心配・・・それはたぶんないでしょう。


このドラマのステキなところは、深刻ぶらないところ、部屋着がリアルなところ。

他にも、ナベの使い古された感や、黒木華ちゃんの恋する様子というか恋が始まりそうな様子。

弟に対して発する言葉は、ちょっと辛辣ではあるけれど、ユーモアもあって決して弟を傷つけるものではないところ。

悪魔的囁きではあるけれどね(* ´艸`)


ゆるいんだけれど、ゆるいだけではない鋭さが、チクチクと胸に刺さるドラマでした。


amazonプライムにて全話先行配信中です。
Amazonプライムの無料体験はコチラからどうぞ