夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

【満足度が高い海外ドラマ】3作品をご紹介します(ネタバレなし)【おすすめです】

私が視聴した作品の中で、視聴満足度が高かったドラマのご紹介。

人気海外ドラマのランキングで目にしたことがなかったので、ならば私が!と思い記事にしてみました。

選んだのは、中国ドラマ、インドドラマ、ブラジルドラマの3本。

興味を持っていただければ幸いですm(__)m

琅琊榜 -麒麟の才子、風雲起こす- 

コチラの作品は、2015年に中国版エミー賞で10冠を獲得したというドラマ。

話数:全54話

現在アマゾンプライムにて配信中(2021年5月現在)


私がこのドラマを推す理由は、とにかく親切でとっつきやすいところ。

中国ドラマってまず名前からして難しい。

しかも時代劇だから聞きなれない用語もたくさん出てくる。

でも安心してください。

しつこいくらいに字幕が出てきてその都度説明してくれるんです。

まず登場人物の名前に始まって、場所や役職などもちゃんとフォローしてくれます。


そしてもちろんストーリーも熱い!

舞台となるのは架空の国、梁の都・金陵。

皇太子と誉王(第5皇子)が後継者争いをする中、「麒麟の才子を得たものが天下を得る」という情報を得た2人は、その人物を獲得するために動き出します。

その人物と言うのが江左盟の宗主・梅長蘇(ばい・ちょうそ)。

実は彼の正体は、12年前に謀反の罪を着せられほとんど壊滅させられた赤焔軍の生き残りの林殊(りんしゅ)。

汚名を注ぎ復讐を果たすべく蘇哲(そ・てつ)という偽名を使い既に都入りしていました。

ここから彼の計画が動き出し、汚名を注ぐまでの長い長い戦いが始まるのです。


視聴を始めるとすっかりのめり込んでしまい、貪るようにして続きを欲した一巡目。

2度目は話の筋が分かっているので、一度目には気付かなかったことにも気づくことが出来てより一層楽しめるドラマ。

そしてやっぱりキャラもそれを演じる俳優陣も素晴らしい。


汚名を注ぐ復讐劇ということで、辛気臭いんじゃないかと思われるかもしれませんが心配無用、そんな風にはなりません。

締めるところは締め、緩むところは緩む、その場が和むような人物たちがちゃんといます。

それは梅長蘇の護衛の少年・飛流(ひりゅう)だったり、友人の言豫津(げん・よしん)だったり、禁軍大統領でもある蒙摯(もうし)の存在。

蒙摯は、梅長蘇の正体が林殊だと知る昔からの親友。

この二人の友情が熱い!

そして言い忘れていましたが、梅長蘇は火寒の毒に侵されていて、その治療のために容貌は12年前とはすっかり別人。←残された余命も僅か(´;ω;`)

だから都に戻って来ても誰も彼が林殊だとは気づかないんです。

でも蒙摯は一目見ただけで気付くんです、それが林殊であると。


もう少しだけあらすじを追うと、梅長蘇が次の皇帝にしようとしているのが第7皇子である靖王。

靖王は曲がったことが大嫌いな意固地でまっすぐな男。

12年前の赤焔軍の謀反の件も無実だと信じています。

そのせいで皇帝からは冷遇され後継者争いも蚊帳の外。

彼ももちろん林殊の親しい友人だったのですが、彼は知らないんです、梅長蘇の正体が林殊だということを。

もとより、林殊は死んだと思ってますからね。

だけど一緒に過ごすうちに、彼が林殊ではないかと疑い始めます。

しかしそのたびに梅長蘇は自分が林殊であることがバレないように策を巡らせるのです。

なぜなら靖王は清廉潔白でまっすぐな男。

もし自分の正体が林殊だと知ってしまったら、余計なことで気をつかわせてしまい、後継者争いに集中できないのではないかと危惧したからです。

靖王のことを守りながら計画を着々と進めていく梅長蘇(=林殊)。

そしてドラマはクライマックスへと向かっていくのですが、ドラマの後にはもう1つドラマが!

最後に用意されていたのは・・・


ぜひおススメしたい作品です。

アマゾンプライムに加入しているのにまだ視聴していないならもったいない!

それと余談ですが、護衛のツンデレボーイ飛流がかわいすぎてメロメロになること間違いなしです(〃艸〃)


ちなみに、50年後を描いた「琅琊榜<弐>~風雲来たる長林軍~」も制作されているのですが、コチラはかなり見劣りします。

面白くないとまでは言いませんが、後半にならないと盛り上がらないので、ちょっと根気が必要ですね。

Amazonプライムの無料体験はコチラからどうぞ

ポロス~古代インド英雄伝~

f:id:orangecoler:20210511195141j:plain

出典元:https://www.amazon.co.jp/ 

話数:全299話(シーズン1~シーズン5)

現在Huluにて配信中(2021年5月現在)


コチラは総製作費81億円が投じられたインドドラマ。

舞台となるのは紀元前350年頃のインド。

インドのパウラヴァ国では、国王・バムニと、王妃・アヌスヤの間に、王子・プルショータム(ポロス)が誕生する。

一方、時を同じくして、マケドニアでも王子・アレクサンドロスが誕生。

この先、インドの自治を守るため何度もアレクサンドロスと戦うことになるポロス。

しかしそれはまだまだ先のお話。


1話が約20分なのでサクッと見れちゃうのがこのドラマのいいところ。

そしてツッコミどころも満載(* ´艸`)

その中でもびっくりなのが、見せ過ぎて先走りする予告編!

しかも鵜呑みにしてはいけないという罠も潜んでいる。

なかなか侮れない予告編になっているので油断は禁物です。


もう少し詳しくストーリーを追うと、ポロスの誕生前から物語は始まり、そこには過酷なドラマが!

バムニ王に嫁いだアヌスヤは、パウラヴァに敵対するタクシラのお姫様。

なのになぜバムニ王に嫁いだかと言うと、彼女にはインド統一という大きな悲願があったから。

しかし、事はそう単純ではなく、それぞれの兄の存在や、インドを手中に収めたいペルシャのダレイオスの妨害によって、誕生したばかりのポロスとは離れ離れになり命さえも狙われてしまう。

そして出自を知らぬまま、盗賊の国・ダスユで成長したポロス。

運命は彼をパウラヴァへと導き、やがて自分の出自を知ると、インドの守護者としての人生を歩み始めるのです。


一方で、このドラマを盛り上げてくれるもう一人の人物がアレクサンドロス。

ちなみに顔もキャラもとっても濃いです。

ポロスとの直接対決までは、かなりの時間を要しますが、突っ込まずにはいられない展開が満載(´∀`*)

言い忘れていましたが、2人のマザコンっぷりにも注目!


正直言って、張りぼて感が拭えないセットだし、主要キャスト以外のヤル気のなさが目につくシーンも多々あるけれど、それでも続きが見たくなる。

いや、むしろその大雑把さにさえ愛着が湧いてくる!

そしてパウラヴァを象徴するブルーがとっても美しいのが魅力的。

ポロスの超人っぷりに突っ込みたくなることも間違いなし!

ドラマは最後の最後まで目が離せません。

エンジェルズ・シークレット

f:id:orangecoler:20210511202020j:plain

 出典元:https://www.hulu.jp/

話数:全50話(シーズン1)

現在Huluにて配信中(2021年5月現在)


コチラは、2015年にブラジルで制作された恋愛ドラマ。

それもただの恋愛ドラマではありません。

濃厚でドロドロでそれはアカンやろと言いたくなることの連続。

女子は意地悪で、オヤジはドスケベ


舞台となるのはサンパウロ。

トップモデルを夢見てモデル事務所に所属した16歳のアルレッチ。

エンジェルという芸名もつけてもらい夢に向かって一歩前進。

しかし彼女を待っていたのはピンク・ブック!

モデル事務所では売春を斡旋していたのだ。

そこで出会ってしまったのが、アレックスというイケおじの大富豪の実業家。

そしてアルレッチは本気で彼に恋をしてしまう。

ここまでは幸せだったんだけれど・・・


この先の展開が絶句するほどあり得ないの連続。

それは誰のせいかと言うと・・・

アレックス!

アルレッチに執着するあまりとんでもない行動を起こしよるんですわ。

これ以上は書きませんが、アレックスの自己中っぷりにはただただ脱帽!


一見、イケおじのアレックスですが、かなりの変態上級者。

アルレッチを見る目がいやらしいったらありゃしない。

女性の敵と書いてアレックスと読むと言ってもいいくらいのクズです。

そしてこのクズのおかげもあって、クライマックスへ向かってドラマがどんどんと盛り上がっていくんです。


普通の恋愛ドラマに飽きたという方におススメ。

ただ、官能シーンも多くあるのでお子さんとは見ないでくださいね。


以上、3本のドラマをご紹介しました。