夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン2 #11 それでも人生は続く

あらすじネタバレ 

マカレナが刑務所に戻り、温かく迎える囚人たち。


礼拝堂では追悼が行われ、マカレナが不幸な事故を乗り越えられるようにと話す牧師。

するとマカレナは、あれは事故じゃなく殺人で、神ではなく私が裁いたと言う。

スレマからは、大事なのはカリムを始末したということだと言われる。←あなたにとってはね


一人になったマカレナは人生は容赦ないと振り返っていた。


一方、潜入捜査をしているエレナはスサナの面倒をよくみていた。

その様子を見て感心するスレマ。


カスティージョ警部は、スサナの夫への取り調べを続けていたが収穫はなし。


そしてサンドバルに呼び出されたマカレナは医務室へと行く。

すると、短期間で両親を亡くしたマカレナにサポートを申し出るサンドバル。

しかし、マカレナは私にも超えない一線があると言って、あなたのサポートは受けないというと、医務室を出て行く。←監視映像で見ているファビオ

エレナが他の囚人とは違うことを感じ取るスレマ。


取り調べを続けるカスティージョの元には、少女の携帯の電源が入ったという連絡が入る。

発信地はハンガリー

スサナの夫を追及するも、はぐらかされるだけ。


アナベルはマカレナにお悔やみを言うも、心配なのはバンビの代金2000ユーロが払えるのかどうかということ。

どうするのか考えてと言うと、マカレナに背中と前にクリームを塗らせる。←悪夢やね

そしてマカレナはアナベルからマリファナをツケで買う。


一方、囚人たちは性に関するセミナーを受けていた。

テーマはオーガズム。

バルブエナがいたら話しにくいと言って追い出し、タマが1つしかないと言ってコケにする囚人たち( *´艸`)


所長は、今日が出て行った夫の誕生日だった為、電話をしてみるが番号は既に使われていなかった。

マカレナがマリファナを吸ってるのを見たリソスは、バンビに今度マカレナがドラッグをやろうとしたら止めるようにと頼む。


悪夢を見て眠れないとソレに打ち明けるマカレナ。


一方、エレナはスサナの荷物を漁っているところをスレマに見つかる。

目当てはスサナに処方されている睡眠薬だというエレナ。

ドラッグの代用品として使うと言い、スレマにも勧める。

そしてスレマにはそれを吸わせ、自分は吸ったフリをして足元に捨てるエレナ。

気分の良くなったスレマは、新しい時代の始まりを祝ってそこでやり直すと言い、エレナにも一緒にいてほしいと話す。

スサナは金持ちの娘を誘拐してるから、お嬢様の居場所を聞き出して欲しいと言う。

たくさん金が要ると言って、エレナのことも誘う。

考えておくというエレナ。

だけどスレマはエレナが床に捨てたクスリに気付く。←気付いてないふりをしたけどね


所長は、出て行った元夫のことをサンドバルに相談していた。

消えるように出て行ったのは、彼が同性愛者だからだと思うと言うサンドバル。

それを否定する所長。

一方、マカレナに声をかけたファビオは、昨日医務室でサンドバルと何があったのかと聞く。

両親を亡くした私に言うことがそれ?と声を荒げるマカレナ。

しかしファビオからは、死体の処理までしたし、俺はお前のことをとても気にかけてると言われると、早くここを出たいという。

必ずここから出してやるというファビオ。


ソレはドナーの夫・フェルナンドと面会をしていた。

事件のことを調べたフェルナンドは、ソレの供述にとても心を動かされたみたい。

死んで当然のヤツだとソレに伝える。

そして特別面会を申し込んでもいいかと尋ねる。

カスティージョ警部が、マカレナを現場検証に連れて行くという令状を持って刑務所にやってくる。

ファビオに同行するようにと命じる所長。

現場検証では、カリムが君に銃を向けたように見えたというカスティージョ警部。←マカレナを助けようとする

しかしマカレナははっきりと違うと言い、父を殺されたから殺した、正当防衛じゃない、何度でもやると言う。

俺たちの証言が公判で助けになるというカスティージョ

それでもマカレナは応じず。

結構よと言うと、地獄へ落ちればいいとカスティージョに言い放つ。

その後、少しの間ファビオと2人きりで話すマカレナ。


その頃所長は、元夫の実家に電話していた。

そこで夫に代わってもらい、ゲイなのかと質問、少しの沈黙の後、電話を切る。

サンドバルの言った通り彼はゲイだった。

あとは性への情熱を取り戻すだけだというサンドバル。

バーで引っ掛けた見ず知らずの人と寝たりはしないという所長。

すると私もですというサンドバル。←誘ってんのか?


ファビオは、スレマが隠してる300万ユーロをロマンに取ってきてもらえとマカレナに言う。

そして俺がお前を逃がすという。

本気で言ってる?と確認するマカレナ。

大金があれば迷惑をかけずに済むというファビオ。

あなたは守護天使だと言って喜ぶマカレナ。

そして私を愛してるのかと聞く。

違うと答えるファビオ。

確認してみる?というマカレナに、外に出たら確認する時間はあると言って、ファビオはマカレナのキスをかわす。

そこへカスティージョ警部が2人を呼びに来るのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~マカレナの支えになるのは⁉~

立て続けに両親を亡くしてボロボロだったマカレナ。

でも最後にファビオと話して元気出たよね。

あれだけリソスを愛してるとか言っておきながら、ファビオのことは気になるのよね。

エレナとファビオが話してる様子も気にしてた。

マカレナの本命はファビオなのかな。


そのファビオだって、マカレナを外に出すって本気なのかなぁ?

それって脱獄しか方法はないよね。

サラッと凄いこと言ったで。

ロマンにスレマが隠した300万ユーロを取ってこさせろとも言ってたし、もう既に計画済?


現場検証では、カスティージョ警部がマカレナのことを庇おうと正当防衛に導こうとしたけど、マカレナは拒否した。

ママは殺され、家族の保護にも失敗。

そんなことでこれまで起きたことをなかったことにするなんて到底できないっていう意地かな?

そういえば牧師の前でも私が裁いたってはっきり言ってたもんね。

その割に刑務所のボスとしての威厳はあんまりないよね。

アナベルに前から後ろからクリームぬれって言われたり、お金の督促を受けたり、ジャイアンのようにはいかない。


一方、所長の元を去って行った夫。

今まで一切触れることがなかったのに、いきなり彼はゲイだったってオチ。

別にオチではないけれど、この事実を明るみにしたのは、これから所長とサンドバルとの間に何かが起こるからなの?

それは嫌やなぁ。

所長には全力で逃げてほしいけどどうなることやら。

逆にソレの方は、フェルナンドとかなりいい感じ。

こっちはうまくいって欲しい。


それともう一つ気になるのはスレマとエレナ。

エレナの正体がバレそうな危機なんじゃないの?

少女の命もいつまで持つかわからないし、こっちも待ったなしやね。


続きはコチラ
ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン2 #12 自由への切符 - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ロック・アップ/スペイン女子刑務所-シーズン2 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ