夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン4 第1話 新任の所長

前シーズンのラスト

アカメたち中国人グループの脱獄劇で、誤ってロハス警部補を射殺してしまったメルセデス。

一方、アルタグラシアと一緒に脱獄に成功したスレマは、アルタグラシアにサライを迎えに行かせる。

リソスたちの協力もあって無事にサライを脱獄させることのできたアルタグラシア。

それから2か月後、カスティージョ警部に見つかってしまう3人。

スレマとサライは激しい銃撃戦を繰り広げ車で逃走。

腹部を撃たれていたサライは病院で降ろしてと懇願するがスレマは拒否。

そして2人はもみ合いになり車中からは銃声が響くのだったが・・・

あらすじネタバレ

逃亡生活に終わりを告げたスレマ、サライ、アルタグラシアの3人。


スレマはドミニカ共和国から民間飛行機で移送されることに。

マドリードまでは約9時間半のフライト。


一方、クルス・デル・ノルテ刑務所では、サンドバルが新しい所長に就任。

刑務官たちの前で、私は制裁に容赦がないと語り、ここでは常に我々が正義の味方だと演説する。


その後、収監されるアルタグラシアを迎えるサンドバル。

囚人からも看守からも恨まれているアルタグラシアに、どうやって殺されるのか楽しみだとうすら笑い。

しかしアルタグラシアは、アソコをちょん切られた時にあの場にいたと明かし、今のあなたのあだ名は「バービー」だと言って大笑い( ゚∀゚)!

メルセデスはクスリの売人になっていた。

ソレたちはやめるようにと警告するが、全てを失い娘にも会えないため、娘にお金で不自由させられないと言ってメルセデスは拒否する。

そしてサンドバルに呼ばれたメルセデスは、ドラッグ売買を黙認する代わりに、収容エリアを監視するスパイにならないかと持ち掛けられる。

答えは今でなくていいと言われ去ろうとすると、「囚人たちは私を”バービー”と呼んでいるのか」と問われ、そうだと認めるメルセデス。

その際にサンドバルの手に触れたため、サンドバルの怒りを買ってしまう。

転 

サライは病院で赤ん坊を抱いていた。

しかし刑務所に移送されるため赤ん坊とは離れ離れに。

そしてヘリでサンドバルが待つ刑務所に到着。

サンドバルは、接合は無理だったと言って、ホルマリン漬けにした自分のアソコのビン詰めをサライに見せる。

あの時、首を掻っ切るべきだったと言うサライ。

すると、娘の親権を奪われたくなければ、今後は娘の父親を尊重するようにと脅される。


一方、飛行機で移送中のスレマは、窓から雷が鳴っているのを見て、隣に座る護送担当のアントニオを誘惑。

トイレで情事に耽ろうとするが、飛行機は乱気流に巻き込まれ大揺れ。

スレマはそれを利用してアントニオを殴り、意識のない彼に手錠すると客席へ。

もう一人の護送担当者の女性を後ろから絞殺する。

その後、飛行機が着陸態勢に入ると、ようやくトイレでアントニオが意識を取り戻す。

刑務所では、アルタグラシアがゴヤたちに襲われ、1週間の懲罰房行きに。


一方で、リソスとの再会を喜ぶサライ。


そして上空では、スレマが銃で客室乗務員を脅し、ドアを開けようとしていたがことごとく認証に失敗。

何やら異変を感じたカスティージョ(←実は離れて搭乗していた)は、護送担当の女性が死んでいるのを発見。

トイレからやっと脱出したアントニオは、スレマに銃を捨てるように警告し、カスティージョが後ろからスレマを殴って制圧する。


消灯時間を迎えた刑務所では、サンドバルが館内放送でメルセデスに通路へ出るようにと命令。

刑務所では薬物は一切認めないと言って、隠している薬物を全部持って通路に置くようにと指示。

行くなと止めるサライを無視し、言われた通り通路に出るメルセデス。

次の瞬間、房は施錠され通路には犬が放たれる。

逃げ場を失ったメルセデスは犬に襲われ、規律を破るとこうなると言う囚人への見せしめにされるのだった。

感想 ~リソスの髪型が良く似合ってる(*´Д`)~

サンドバルは刑務所の所長に就任し、上空の飛行機ではスレマが逃亡を図ろうとして行動。

アルタグラシアとサライはスレマより一足先に刑務所へ逆戻り。

メルセデスは売人になっていたけれど・・・


なんでサンドバルのような鬼畜が所長に収まることができるのか┐(´д`)┌

囚人にアソコをちょん切られるような男なんだよ!

よっぽど人材不足なんやね、それともサンドバルの釈明がうますぎるのか。

にしても、再び彼が登場したってことは、俄然高まるのはお仕置きへの期待。

サンドバルのようなプライドの高い男は、肉体を傷つけるよりも、社会的に抹殺されることのほうが屈辱的で効果がありそう(*`艸´)

「バービー」ってあだ名にも過剰に反応してたしね、早く全国民の前で恥を晒しやがれって感じ。


一方、メルセデスは殺されたアナベルに代わって売人に(゚д゚)!

娘のためにお金を稼ごうって気持ちは分からなくはないし、刑務所で稼ぐ方法が限られてるのもわかるけど、その代償は大きかった。

まさかサンドバルが犬を使ってメルセデスを襲わせるとは(;゚Д゚ )

よっぽど手に触れられたことが気に入らんかったんやね。

囚人たちへの見せしめとしてはやり過ぎだけど、その効果が計り知れないのも事実。

先天的なサイコパスなのか、後天的なソシオパスなのか、どっちでもいいけど囚人たちの苦難は続きそう。


そして、逃げることに貪欲なスレマは上空でもやってくれました(* ´艸`)

雷を見て乱気流を利用するなんて流石です!

600万ユーロも隠し持っていたらそりゃ逃亡もしたくなるよね。

今日の為替レートが1ユーロ131円50銭前後をウロウロしてるから、日本円に換算すると600万ユーロ=約7億8900万。

結果的には女性警官を一人絞殺して罪の上積みをしただけやったけど、逃げることへの執念に関してはちょっと見習いたい。

まさに生きてる!って感じがする。


そしてそして、前シーズンのラストの車中での発砲。

残念ながらそこは見せてはもらえなかった。

めちゃくちゃ気になっていたのにどうしてくれようこの気持ち。

まぁ、スレマもサライも生きていたからいいけどさ。

そのうち見せてくれるのかな?

それとパラシオスは刑務所移動したんやね、誰も触れてはくれへんけれど、私はウェルカムですよ。


続きはコチラ
ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン4 第2話 脱獄 - 夜更けに海外ドラマ