夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン5 第11話 & 第12話 ネタバレ感想

あらすじネタバレ 

第11話 感情の裏で

ロクサネをないがしろにしたアレクサンドロスに対して、オリュンピアスは家庭の火種を鎮火するようにと助言。←バルシネを勝手に妃にした件


一方パウラヴァでは、負傷兵を見舞ったプルが、感謝の言葉を伝え、家族は国が守ると約束する。

その後、アンビ王子とその母がパウラヴァ王宮に到着。

再会したプルと王子はハグ。

王子は、真相は分かっている、父の死については遺恨はないと言い、和睦を結ぶために来たと告げる。

しかし、プルと別れた王子は、家臣に何やら作戦を指示。


タクシラでは、バルシネのことで悶々とするロクサネに、アレクサンドロスは「そなたは私が選んだ女、永遠に愛する女だ」と告白。

ロクサネもその愛に理解を示す。

ただ、バルシネの援軍を得たのに開戦せず、アンビ王子を遣わしたことに対して疑問を投げかける。

すると、王子はポロスを殺してくれる、贈り物も託してあると言うアレクサンドロス。


一方パウラヴァでは、王子も交え作戦会議が開かれていた。

両王家の不和を乗り越え本当の友になれたと言って喜ぶプル。

そこへ、多数の兵が死んでいると導師が知らせにやって来る。

何か事情があるに違いないと察したプルは、謎を解いてもらうためチャーナキヤへの伝言を命じる。

しかし今度は、河畔の野営地でも兵の多くが瀕死の状態だという知らせが入り、アンビ王子は一人でニヤリとするのだった。

第12話 疾病のさなか

ジェーラム川の前で、架橋は無理だというクレイトスに、苦言を呈するアレクサンドロス。

近いうちにパウラヴァに攻め入ると告げ、ポロス宛の贈り物が届いた頃だと話す。


その頃パウラヴァは、病に倒れるものが続々と増えていた。

治療室で兵士に近付き手を差し伸べようとするプルだったが、そこへチャーナキヤが現れそれを止める。

接触することで広がるためここを離れるようにと進言するチャーナキヤ。

臣民を守るのが私の責務だと抵抗するプルに、王は賢明でなければならないと説く。

そして全てはアレクサンドロスの仕業だと言う。


一方バルシネは、アレクサンドロスに対する憤りをどうすることもできず、自ら命を断とうと短剣を手にする。

しかし母のスタテイラがそれを止める。

自分の弱さのせいで、家族や母国がアレクサンドロスに屈服することに責任を感じていたバルシネ。

するとスタテイラは、婚姻を利用してそなたはあやつの命を奪えると励まし、バルシネも必ずアレクサンドロスを討ち取ると誓う。


そしてプルとチャーナキヤは、ジェーラム川に浮かぶ夥しい数の兵の遺骸を目にしていた。

即刻、全ての遺骸を焼くようにと指示するチャーナキヤ。


一方アレクサンドロスは、腐敗した兵士の遺骸を贈ったとオリュンピアスに話していた。

病はあらゆる経路で広まり、今から止めるには穀物などの食糧も全て焼く必要があると言う。

いかなる王にとっても難しい判断だと言い、ポロスがいかに難局を切り抜けるかを見届けようと言うのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~ヘファイスティオンに続き、今度はあの人がチェンジ~

兵の士気も高まりいざこれからって時だったのに、病の蔓延というアレクサンドロスの策が見事に大当たり。

こんな手を使われると、自分の無力さを感じるんじゃないかと思う。

助けることはもちろん、触れることさえかなわない。

戦士した兵たちを川に放り込んで送り込むなんて、やっぱりアレクサンドロスはえげつない!

かと思えば、バルシネとの婚姻で嫉妬するロクサネを見て喜んだり・・・

本当にイヤらしい男だなぁ。

臆することなく愛まで囁くんだから。

今更ながらあの溢れ出る自信は何なんだ?

まぁ、そういうところが面白いから大歓迎なんだけどね(* ´艸`)


一方、復讐心を隠してプルの元へとやってきたアンビ王子。

時折見せるニヤリとした顔がすっごい邪悪。

前はそんな顔をしたことなかったのに(´-ω-`)

プルが父王を殺したのは事実だけれど、まだ知らんかもしれんけれど。父王がアヌスヤをいたぶって殺したのも事実なんやで。

でももうそんなことはどうでもいいのかもね。

そしてプルはいつ知るんだろうね、王子が自分に復讐しようとしてることを。

それを知ったとしても、プルのことだから王子のことを許すような気がする。


バルシネはバルシネでアレクサンドロスへの怒りが沸点に達してるようだった。

忌々しくて仕方ないんやろうね。

嫉妬するロクサネを見て喜ぶ姿を見たらもっとムカつくやろうね。

本気でどうでもいいけどなんかムカつくやつだと思う。

ママはバルシネのことを励ましてたけど、結局は娘頼りで役に立たへんお人やなぁと思ってしまったよ。

それでもバルシネにとってはいるだけでいいんだろうけれど。


そしてそして、触れずにはいられない。

ヘファイスティオンに続き、チャーナキヤまでもが演者さんがチェンジ。

これにはかなりびっくり(゚д゚)!

重要な役どころだっただけに、俳優さんの具合でも悪かったのかとちょっと心配になりました。

それに以前とはタイプがガラリと変わっている。

最終話までに新しいチャーナキヤに馴染むことが出来ればいいんだけれど。


続きはコチラ
ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン5 第13話 & 第14話 ネタバレ感想 - 夜更けに海外ドラマ
シーズン5のカテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ポロス~古代インド英雄伝~-シーズン5 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ