夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン5 第33話 & 第34話 ネタバレ感想

あらすじネタバレ 

第33話 痛手と勝利

アンビ王子にとどめを刺そうとしていたプルだったが、バムニが大帝と戦っているという知らせを受けバムニの元へ急ぐ。

その隙に逃げるアンビ王子。

その頃バムニは、プルの不在を狙ったアレクサンドロスを盗人呼ばわりし、アレクサンドロスはバムニに斬りかかろうとしていた。

そこへプルが登場。←テーマ曲にのって

剣を交える2人!


一方タクシラにも、プルがパウラヴァに戻り形勢が不利だという知らせが届く。

撤退を促しましょうと提案するロクサネに、大帝が戻らないのはそなたがポロスに助命を乞うたからで、勝利よりも妻の称賛を得るために戦っていると言うオリュンピアス。


そしてマガダでは、出立を前にしたダナナンダ王が、パウラヴァが真に求めるならば救いの手を差し伸べるが、裏切りを企てればパウラヴァ王国を掌握するとラークシャサ宰相に話していた。


その頃ジェーラム河畔では、なおも戦いが続きどちらも引かない2人。

ロクサネに免じて撤退の機会をやるというプルに、お前の息の根を止め我が妻に思い知らせてやると返すアレクサンドロス。


そして戦場で勇敢に戦っていたラチを腹痛が襲う。

王宮へ戻れと言うチャーナキヤに、自治には対価が伴うことを生まれる前から教えておきたいと言ってラチはそれを拒否。

しかしますます具合が悪くなりプルの名を呼ぶ。

すぐに駆け付けるプル

そのプルの後を追おうとするアレクサンドロスをヘファイスティオンが捕獲。

数人の兵たちともに、暴れるアレクサンドロスを抑え込み舟に乗せパウラヴァから撤退させる。

その様子を見ているプル。

アレクサンドロス軍が去ると「インドに勝利あれ」とコールが響き渡るのだった。

第34話 部将セレウコス 

家臣の手によって無理矢理パウラヴァから撤退させれたアレクサンドロスは怒り狂っていた。

そなたがポロスに命乞いをしたからだとロクサネを責め、許しを乞う家臣たちの腕を次々と斬り落とす。

そしてヘファイスティオンの前へ。

どんな罰でも受け入れるが、同じ事態に陥ったら今日の行いを繰り返すと言うヘファイスティオン。

すると、そなたへの罰は二度と私と共に戦うことを許さないことだと告げ、私が求めるのは私の名誉を守る者だと言って、部将・セレウコスに書状を送る。


一方、ペルシャにいるセレウコスは、祝賀の最中だというのに剣を研いでいた。

祝賀には酔った男が現れ、アレクサンドロスの敗北は近い、大帝がインドを去ったら私がペルシャからセレウコスを追放すると大声で語る。

しかしセレウコスの姿を認め焦る男。

セレウコスは私が邪魔なら斬れと言って男に剣を握らせるが、あっという間に男を瞬殺。

そこへアレクサンドロスからの書状が届く。

ポロスに会いたかったと言って喜ぶセレウコス。

 

ジェーラム河畔では、ダスユ王やアルカ、そして戦死した兵たちが手厚く葬られていた。

ダスユ王の遺骸を前に、必ずや仇を討つと誓うラチ。


一方タクシラでは、剣で物に八つ当たりしているアレクサンドロスだったが、アンビ王子が姿を見せると、町へ行き兵を連れて来いと命じ、しくじれば命はないと脅すのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~アレクサンドロス劇場絶賛上映中~

ジェーラム河畔では、プルとアレクサンドロスが一騎打ち。

この二人の対決ってなんか子供のケンカみたいで見ていて楽しい( *´艸`)

特にアレクサンドロスが本当に子供っぽいのよね。

そして毎度のことだけれど、剣を交えながら喋る喋る、おしゃべりが止まらない。

そのおしゃべりも言ってやった感の凄いこと!

見ているだけの私は面白いけど、相手をしているプルは結構大変だなぁと思ってみたり。


それに今回のアレクサンドロスはいつもとは違う。

妻が敵に夫の命乞いをしたという屈辱を胸に戦ってるから意地でも負けられないんだよね。

なのに家臣による強制撤退!

連れ去られる姿はどこからどう見ても性質の悪いダダっ子。

ヘファイスティオンに対して、感情にかられて私を敗北させたって言ったけど、自分の方こそロクサネに証明するために感情に走ってたよね。

むしろ今回の敗因をヘファイスティオンのせいにできて感謝してもいいくらいなんじゃない?

そしてペルシャにいる部将・セレウコスを呼ぶことにしたようだけど、彼もなかなか無慈悲な殺し屋って雰囲気でまたまたキャラが立っちゃいそう。

彼が戦でどんな活躍を見せるのかも注目やね。


そして身重ながら戦場で戦っていたラチも立派だった。

自治には対価が伴い、血を流さずして手に入らぬと言った言葉。

何気にちょっと重い言葉だなぁと感じました。


プルとアレクサンドロスの決着はつかなかったけれど、私としては決着がついて欲しくない気持ちもあり・・・


そしてそして久々に予告編が気になった!

ダナナンダ王ってばプルよりも先にアレクサンドロスに会いにいってますやん。

楽しみしていた2人の対話、実現するのはうれしいんだけれど、会話はちゃんと成立するのかしら?

ダナナンダ王がアレクサンドロスに対してどんな態度で臨むのかも楽しみやね(* ´艸`)


続きはコチラ
ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン5 第35話 & 第36話 ネタバレ感想 - 夜更けに海外ドラマ
シーズン5のカテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ポロス~古代インド英雄伝~-シーズン5 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ