夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン2 #21~25 それぞれの計画が明らかに!

あらすじ

#21 どちらにつくか決める時

ハスティとスメルがプルに対する敵意をむき出しにする中、ラチはプルの悪口は聞きたくないと反論。

一方バルシネは、バムニ王の前でプルが市場に火をつけたと証言しなかったことを責められていた。

#22 信頼できる者は誰か

マケドニアではアレクサンドロスの計画が実行される。

一方パウラヴァでは、ダスユがパウラヴァの食糧庫の場所を探ろうとしていた。そしてハスティはファルスと遭遇し・・・

#23 目的

マケドニアではアレクサンドロスの思惑通り、フィリッポス王と護衛のパウサニアスの間に亀裂が生じていた。

一方パウラヴァでは、ハスティがダレイオスに会うために宮殿へと侵入、ハスティを怪しむラチも後を追って宮殿へと侵入するのだった。

#24 絡み合う計略

ダレイオスはハスティからダスユの計画を聞き、利用しようとする。

一方でプルはバルシネから情報を聞き出そうとする。

そしてマケドニアでは、オリュンピアス王妃が計画を遂げるためにパウサニアスに近付くのだった。

#25 闇夜の襲撃

宮殿内でプルが後ろから何者かに弓矢で射られ負傷する。

犯人を追ったが覆面をしていて正体はわからずじまい。

アヌスヤに治療してもらいながら、バルシネから得た情報を確かめに出発すると告げるプルだったが・・・

スポンサーリンク

 

ネタバレと感想

隠れ家ではハスティが、声高にみんなの前でプルの悪口三昧、スメルもそれに追随!←早くハスティの本性を暴きたい!

ラチだけがプルを悪く言うのを聞きたくない、お前とスメルはプルに反感があるからプルを黒幕だと決めつけると反論する。

一方バルシネはダレイオスに責められていた。

プルが火をつけるのを見たと言わなかったからだ。

全てはお前ひとりの責任、女は使い物にならぬと言われ、泣きながら謝罪するバルシネ。

しかしダレイオスは、お前の涙もお前自身も見ていたくない、立ち去れと命じる。

そしてモーセから、ハスティたちダスユがパウラヴァへきていると報告を受け、ハスティを連れてくるようにと命令。

一方、食事の席で配膳をするアヌスヤとカディカ王妃を見て、食べないのかと尋ねるプル。

アヌスヤが理由を説明するも、料理をして配膳しても女性は最後に食べることに納得できず、ダスユでは男女に差はないと教えられたと話す。

すると今度はカディカ王妃が反論。

ここはパウラヴァで王子らしく振舞うべき、風習も受け入れなさいと言うと、プルはわかりましたと答える。

しかし、女性を敬うべきでいつの世においても男性に勝る存在だと言い、カディカ王妃とアヌスヤを席に着かせる。

そしてカニシカに立てと命じ、二人で配膳を始める。←バムニ王もプルを支持

だけど今後は家族として皆で共に食そうと言ったバムニ王の言葉に、信頼と敬意をもって築くのが家族、我々は違う、信頼できるものとお食べ下さいと言って、一口も食べずに席を立って出て行ってしまう。←フラれっぱなしのバムニ王

一方ダスユの隠れ家では、王妃がラチに、お前は国に対し責任を負う立場、プルに会うことも我々の計画を伝えることもしないと誓わせる。

そしてパウラヴァの食糧庫など蓄えを見つけ出し処分することと、祭りのさなか、バムニ王が宮殿の外に出る時刻を探るようにと皆に命ずる。

町へ散らばり食糧庫がどこにあるかを探っていたハスティが声をかけたのは、偶然にもファルスだった∑(゚◇゚///)

路地の裏手に連れていかれ、すぐにダレイオスのところへ行けと命じられる。

そして路地裏から出てきたハスティを目撃したラチ!

何をしていたかを問い詰めるも、ファルスは隠れていてその姿を確認できず。

ラチはハスティに疑念を抱く。←その調子!

その後ハスティはラチの目を盗み宮殿へと向かう。

一方プルの元へと食事を運んだアヌスヤ。

バムニ王につれない態度のプルに、お前の父上は悪い人ではない、立場があるのだと諭す。

しかしバムニ王を父親とは認めないというプル。

するとアヌスヤは、ペルシャ人を追放するには、家族で団結しなければならない、21年前にシヴダットが私たち家族を引き裂いたように、今度も他の誰かが同じことを考えているはずだと話す。

それにはプルも同意し、ダレイオスは策士だからこそ先手を打つと話す。

隠し財産を探り当て回収し、損失を与える。←全ての富を奪うつもり

そのためにはダレイオスが信頼するペルシャ人が必要だというアヌスヤに、プルは心当たりがあるという。

そして泣いているバルシネの前に姿を見せる。

ダレイオスに暴言を吐かれたことを言い当てるプル。

俺は問題から逃げぬと言ってバルシネに剣を向け、あの王は利益のためなら手段を択ばぬ、ファルスも見捨てようとした、勝利の為なら人を人とも思わず利用する男だ、あいつは娘の命も犠牲にすると話す。

呆然とするバルシネ。

証明する、勝負するか?と聞くプル

そしてダレイオスに会うために宮殿へと侵入していたハスティが剣を交わす二人を目撃。見つからないように別の道を行く。

剣を振り回したバルシネは腕を負傷し、プルがインド式の手当てをすると申し出る、依然手当してもらったお礼だと言って。

今度はハスティを尾行していたラチがそれを目撃。

その頃、ハスティはダレイオスの前に参上。

ダスユに致命的な打撃を与えるなんて聞いてなかったと文句を言うハスティ。でもダレイオスに睨まれただけで縮み上がる。←やっぱり根性なし

何が目的だ?とモーセに問われ、「パウラヴァの襲撃だ、ダスユ王妃の命令で報復しに来た、ホーリー祭の日、食糧庫を一斉に襲う、それと共にバムニ王を暗殺する」と計画を明かす。

すると目的を果たせるよう手を貸すというダレイオス。

そしてバムニ王を殺すのだと言い、その後は、お前と母親をペルシャに逃がし、思いもよらぬほどの報酬を与えると約束する。

ハスティは感謝の言葉を述べ、プルがバムニ王と同席する場がいい、あいつも亡き者にすると言うと、ダレイオスは取り計らうと請け負う。←ハスティを殴り倒したい!!!

一方でバルシネを治療するプル。

その様子を外から見ていたラチ!

お前の心の傷は深い、治療が必要だというと、父の言葉にはひどく傷付いたと答えるバルシネ。

お前が望めば父王の意図と裏の顔をお前に教えられると話す。

だけどバルシネはプルの目的は情報だと気付いていた。

プルもそれを認め、お前の父が商いに使う秘密の拠点にしている場所が知りたいと告げると、秘密かどうかは知らないが、パウラヴァの北方にあると聞いていると話す。

そしてお前に行ってほしい、行けば父の商いに対するお前の誤解が解けるだろうと告げる。

その様子をずっと隠れてみていたラチ。だけど去る時に花瓶を落とし、音を立ててしまう。

慌てて逃げるラチ。

だけどラチの姿を見たプルが後を追う。

なぜ逃げるのかと考えるプル

伝えたいと願うラチ←王妃との約束があるから言えない

近くにいながらプルに会いたい気持ちを抑え、鏡に映るプルの姿を見て涙ぐむ。

そしてプルの元へバルシネが現れる。

見つけた?とプルに聞くがいないと答えるプル、だが気配を感じたという。

なぜ逃げだしたの?と聞くバルシネに、全てのことに理由がある、きっと逃げたのも理由あってのことだろうという。

ラチは涙ぐみながらプルが去るのを見届ける。

スポンサーリンク

 

一方マケドニアでは、酒場にいるパウサニアス(フィリッポス王の護衛)をアレクサンドロスが見ていた。

何度も忠誠心を証明した王の忠実な家臣。

そしてお前も証明しろとクレイトスに命じる。

するとクレイトスは酔ったフリをしてパウサニアスを侮辱し、一緒にいた女性を横取りしようとする。

陛下の護衛は酒ごときでは酔わぬと言って剣を向けるパウサニアス。

逃げようとするクレイトスを捕らえたのはアレクサンドロスだった。

真実を明かせと問い詰めると、アッタロスにパウサニアスを殺せと命じられたというクレイトス。

陛下の身も危ないと言ってパウサニアスはフィリッポス王の前にクレイトスを連行する。

何かの陰謀だと訴えるアッタロス。

するとその通りだと言うクレイトス。

アッタロスの下命だと告白するのを聞いたというアレクサンドロス。

フィリッポス王に再度問われたクレイトスは、アッタロスの下命ではなかったと証言。

結果、パウサニアスはアッタロスには罵られ、フィリッポス王からはアッタロスを信じる、奴隷は奴隷らしく主人に逆らうなと言われ唾を吐かれてしまう。

満足したアレクサンドロスは、見事な忠誠心だったとクレイトスを労い、王になったら褒美をやると約束する。

あとはパウサニアスを味方につけるだけ。

その後、酒場で一人、酒を飲むパウサニアスを見つめるアレクサンドロス。

そこへオリュンピアス王妃がやってきて、あとは私が引き受けると言ってアレクサンドロスを帰す。

パウサニアスの元へ行き、騒動のことを聞き悲しくなったと話すオリュンピアス王妃。

あれが献身への報いとは非道、忠誠心は尊きもの、弱く不届きな王に忠義を尽くすのではなく背くのです、と唆し、フィリッポスを殺せと命じる。

スポンサーリンク

 

そして夜になりパウラヴァでは、プルが一人で宮殿を歩きながら、ラチのことを考えていた。

確かに気配を感じたのに、なぜ会わずに消えたのかを。

すると後ろから弓矢で狙われ負傷する。

次々と飛んでくる矢を交わしながら犯人を追うプル。

足を滑らせた犯人に一度は追いつくがナイフで襲われ逃げられてしまう。

一方ダスユの隠れ家では、ハスティがパウラヴァ最大の食糧庫がわかったと報告。

するとラチは宮殿で見かけたことを告げ、どこからその情報を得たのかと追及。

ハスティは言い訳を交えながらもプルとバルシネを見たと言い、宮殿にいたならお前もみただろうと意地悪な顔をする。←本当にムカつく!

その頃プルは、アヌスヤに治療してもらいながらラチの気配を感じたことを話していた。

事態は深刻でラチと話をしなければというプル。

そしてバルシネより得た情報を確かめに行くと話す。

インド征服が目的なら壮大な計画があるはず、作戦が実行に移される前に全容を突き止めるという。

そこへバムニ王が現れる。

明日はホーリー祭で今夜は儀式がある、このめでたき日をみんなで祝おうとやってきたのだ。

しかし、プルがケガしているのをみて誰に襲われた?と険しい顔になる。

考えられるのは俺の存在を疎む者だと答えるプル。

私が真相を暴くと言うバムニ王に、真相は闇の中で、顔に覆面をしていて目撃者もいないと言い、一本の弓矢を見せる。

それはペルシャ製ではなかった。

そのやりとりを外から見ている犯人。

真相を突き止めると言って出て行こうとするプルにどこに行くのかを問うバムニ王。

父上の問いなら答えませぬ、陛下の問いなら答えたくありませぬ、と言うプル。

そしてアヌスヤに、ホーリー祭が終わるまでに帰還すると言って出て行くのだった。

スポンサーリンク

 

なんか嫌な予感がする。

もしかしてプルとバムニ王の最後の会話ってことはないよね。

それにプルを襲った覆面の男は誰の差し金やったんやろう?

やりそうな人物と言ったらカニシカ王子か、シヴダットか、まさかのカディカ王妃って線も捨てられない。

それともダスユの王妃の差し金か!?

なかなか目つきの鋭いダスユっぽい風貌やったからなぁ。

襲ったあとも様子をうかがいに来るなんて、とどめを刺そうと狙ってたのかなぁ。

バムニ王が気配に気づいたっぽくみえたけどどうなんだろう?

一方でハスティへの怒りが募るばかりで悶々とする!

ダレイオスがペルシャでハスティに贅沢三昧なんてどう考えてもあるわけないやろ。

よしんば計画がうまくいったとしても、生かしておく理由はないもんね。

そしてプルとラチ。

互いを信じあって強い絆で結ばれてるんやなぁ。

ラチがハスティの企みを暴いてくれたらいいけど、でもどうにもならない時もあるよね。

ハスティとダレイオスの計画通りに事が運ぶのは癪だけど、やっぱり避けられへんねやろうか。

だってホーリー祭にプルは不在、となると・・・

やっぱり嫌な予感しかない(;´・ω・)

プルはバムニ王のことを全然受け入れへんかったけど、後悔するようなことになるんじゃないかって気がしてならない。

一方マケドニアではフィリッポス王の暗殺指令がオリュンピアス王妃から出た!

フィリッポス王が暗殺される婚礼の日は近い。

そしてオリュンピアス王妃はいつ見ても素敵よね。

マケドニアもパウラヴァも中々話が前に進まなかったけど、もうそろそろ大きく動き出しそう。

でもパウラヴァの展開だけは、読めないだけにやっぱり心配やなぁ。

patiently.hatenadiary.com

patiently.hatenadiary.com