夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

POWER / パワー シーズン6 第8話 悪魔との取引

あらすじネタバレ 

ドレはサックスに発信機を外せと迫るが、サックスに拒否され、そのことを電話でゴーストに話すと、発信機がついてる限り俺には近づくな、お前とは終わりだと言われる。


そしてサックスはタミカ(ワーナーの前任者で今は弁護士)の所に相談に行く。

ワーナーがあなたが証人を脅した件を知ってもクビにしなかったのは、責任を負わせるためで、絶対にあなたを有罪にすると話すタミカ。

どうすれば?と聞くサックスに、自分が正しいことを証明し、プロクター殺害犯がイーガン(トミー)だと証明できなければ確実に刑務所行きだと告げる。

次にサックスは、学校にいたタリクに接触するが、違法に尋問されてると親に電話すると言われ退散。

さらにラキーシャに会いに行き、ヴァルデス(アンジェラ)とプロクター殺しの共犯で君の罪を問うこともできると脅すが、ラキーシャにも追い返される。


一方、授業を終えたタリクを呼び止めるラドナー先生。

タリクがヤクを売って学校を退学になったことを知っていて、この学校なら大金が稼げると言って、タリクのバッグを探る。

しかしヤクを持っていないことがわかると、改心したらしいと言ってタリクを解放。


ラキーシャの家にはケイトが押し掛け、追い出そうとするラキーシャと言い争いに。

すると、ホリーの話を始めるケイト。

息子の信頼を裏切ったホリーは、トミーが素手で絞め殺したと暴露するも、結局ラキーシャに追い出される。

託児所では

ターシャに、サックスが学校に来たが追い返したことを話すタリク。

そして大金を前に麻薬売買のレッスン開始。

ルールは3つ、ウソをつかない、ヤクをやらない、そして盗まないことだと教えるターシャ。

タリクは、学校でラドナー先生が退学理由を知っていた件を話し、ブツを捌くのに使えるかもしれないと話す。 

サックスとロドリゲス

サックスはロドリゲスの家を訪ね協力を求める。

乗り気でなかったロドリゲスだが、ラキーシャがトミーと一緒に住んでいると聞いて興味を持つ。

ラキーシャの証言が、ジョーンズ殺害犯は カナンだと決定づけていたからだ。←ジョーンズはカナンの窃盗団の仲間で悪徳警官、レイナ殺害犯だった

そしてそのカナンの骨を引き取ったのは、エリック・スタークだと偽名を使ったタリクだった。←監視カメラの映像から判明

私の助けが必要ならこっちの捜査に協力してというロドリゲス。

ドレの行方がつかめないというロドリゲスに、サックスはドレのつけている発信機の識別番号を教える。

ロドリゲスとドレ

ドレに接触したロドリゲスは、ジョーンズ刑事が殺害された夜、カナンはワシントンDCにいたとの証言を得る。

ドレは、発信機を外すことと、サックスへの仕返しを条件に、レイナの復讐のためにジョーンズを捜してたタリクに、ジョーンズの住所を教えたことを話す。

NY州民主党知事選討論会の会場

女性候補者のロレットとの討論を控えたテイトの前に、ジェームズがデレクと共に現れる。

デレクを連れてきたことに不快感をあらわにするテイト。

ジェームズとテイトが話している隙に、デレクはテイトのマイクをオンにし、舞台裏の音声が会場に!

テイトの本音が流れざわつく会場。

してやったりのジェームズとデレク(*`艸´)


翌日、出馬はやめないというテイトに、支持者の大半を失ったと言うラモーナ。

ジェームズの知名度は抜群で、仲違いすればあなたに問題があると世間は受け取ると言う。

すると、プロジェクトをダシに彼を呼び戻せと言うテイト。

写真を撮り共同声明を出して全ては丸く収まると話す。

タリクとターシャ

タリクはラドナーのことを探りターシャに報告。

ラドナーの両親は詐欺を働いていて、継父は自殺、母親は30年の禁固刑で家計は火の車だった。

正体は明かさず、ラドナーにブツを売らせることにする二人。


そしてラドナーの車のトランクにはブツとスマホが置かれ、補充が欲しければトランクへ金をとメッセージを送る。

ラキーシャとロドリゲス

ラキーシャはキャッシュと帰る途中、パトカーに車を停められる。

出てきたのはロドリゲスだった。

イーガン逮捕に協力するようにと迫るロドリゲス。

今住んでる家は、2人の共同名義になっていて何かあればトミーは全部あなたに押し付ける気だ、このままだとあなたも刑務所行きだと脅す。

そして合意書に署名すれば息子と一緒に家に帰れると言われ、書類にサインするラキーシャ。

ロドリゲスは、証人保護の手配をすると言って帰り、ラキーシャはキャッシュに今日のことは誰にも言わないでと固く口止めする。

ラモーナとジェームズ

ラモーナはジェームズを訪ね、メディアの前でテイトと仲良しのフリをしてと頼む。

一方で、ロレットがあなたを副知事にと言っていると話し、党に提案する前にテイトと和解して欲しいという。

テイトと話して全て解決すると約束するジェームズ。

トミーとラキーシャ

キャッシュから、警官に車を停められたことを聞いたトミーは、ラキーシャを問い質す。

キャッシュを取り戻すために取引に応じたんだろ?と聞くトミーに、聞かれたけど何も話さなかったというラキーシャ。

なぜ俺に黙ってたと言われると、ホリーを殺したでしょ?と言い、彼女の二の舞はイヤだったと話し、この家を共有名義にした理由を聞く。

すると、支払いは済んでる、家は君のものだというトミー。


その後、トミーはゴーストに電話をかけ、サックスを始末すると言うが、検察官には手を出すなと言われる。

ジェームズとロドリゲス

ロドリゲスは、クラブにいるジェームズを訪ね、プロクター殺しの犯人の目星がついたと話す。

タリクのことを持ち出され、サックスの違法聴取に苦情を申し立てると言うジェームズだったが、サックスは停職中で、クビさえ危ない状況だと言われる。

ジェームズが去ると、ロドリゲスはジェームズが口をつけたカップを持ち帰る。

トミーと一緒にサックス殺害に向かうジェームズ。

頭から袋を被せ窒息死させようとするが、サックスがいろんな情報を持っていた為、ジェームズは気が変わり、検察が握ってるタリクの情報をできるだけ早く教えろと言って帰る。


一方ロドリゲスは、ジョーンズ殺害現場にあった血痕を照合した結果、ジェームズのDNAと50%一致したとワーナーに報告。

トミーの証言をするためじきにラキーシャが来るが、彼女はタリクのアリバイも証言してると告げる。

ラキーシャがしゃべればすべて解決するなというワーナー。


そしてドレは申立書にサインをし、ロドリゲスに発信機を外してもらい自由の身に。


ジェームズはターシャに電話し、タリクがカナンの遺骨を偽造IDで息子のフリをして引き取っていたのを問題視していた。

アリバイがあるから大丈夫だというターシャに、検察はラキーシャを落とすつもりだというジェームズ。

彼女を説得しろという。

そしてロドリゲスがターシャの家にやってきて、ジョーンズ殺害現場にタリクのものらしき血痕があったことを告げる。

新たな証人が現れて令状が出るのは時間の問題だというロドリゲス。


一方、ジェームズがテイトの所へ行くと、メディアはとっくに撤収していてテイトは飲んでいた。

プロジェクトの消滅を告げ、裏切られたから仕返しした、出て行けと言ってジェームズを追い返す。


検察局では、サックスがジェームズとトミーに殺されかけたことを話すが、信じてはもらえず、ワーナーからクビを言い渡される。


トミーは、キャッシュと一緒に宝石店でラキーシャに送る指輪を選び、これをママに渡したら俺たちは家族になると話していた。


そしてラキーシャが家で荷物をまとめているとターシャが訪ねてくる。←保護を受ける準備をしていた

タリクのことを検察に話さないでというターシャ。

そこでロドリゲスと交わした書類を見られ、言い争いになる2人。

みんなを守るためにはこうするしかない、親子二人で消えるというラキーシャだったが、ターシャが承知するはずもなく2人はもみ合いに。

銃を取り合っているうちに、ラキーシャの胸に弾が当たる。

命乞いするラキーシャだったが、ターシャはごめんと言って、ラキーシャの頭を撃ち抜く。

書類を持って家を出て行くターシャ。


その後、家に戻ったトミーは異変に気付き、キャッシュに俺が行くまで車にいるようにと指示。

ラキーシャの死体の前で指輪を落とし、ひざをつくと絶句し涙を流すのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~またしても犠牲が(T_T)~

とうとうラキーシャまで死んでしまった(T_T)

まさかターシャが手を下すとはね、これはジェームズの罪が大きい。

しかもタリクのアリバイを守るためでしょ?

何回か言ったと思うけど、タリクなんて守る価値ゼロだから!

それにターシャが手を下したと知ったらトミーは黙っていられるかしら?

ラキーシャの死体を前にかなり打ちひしがれているように見えたし、指輪まで用意して家族になろうとしてた。

トミーにとってはどっちが良かったんだろう?

殺されることと、裏切られること。

もし裏切られたことを知ったら、ラキーシャが恐れていたホリーの二の舞になっていたのかな?

ラキーシャはケイトの予想通り、トミーではなくやっぱり息子のキャッシュを選んだ。

そしてもし、ジェームズにお金を渡されたときに消えていたら、違う未来になっていた可能性はどれくらいあったんだろう。

キャッシュのことを思うとラキーシャの死はやっぱり残念。


一方で、まだ生きているサックス。

ジェームズはサックスを情報源にしようと思って解放したけど、クビになったサックスに情報なんて入って来るのか?

ワーナー的には、きっちりサックスが殺されたほうがスッキリしてよかったのかも(* ´艸`)

いまやサックスの味方をする人は誰もいない。

こうなると、発信機の取れたドレあたりに狙われてあとは死ぬだけかもしれんね。


そして今のジェームズ一家にとっての最大の懸案事項は、タリクがジョーンズを射殺した件。

ラキーシャが死んで証言はなくなったけど、それでもタリクへの疑いは深い。

ロドリゲスが諦めるとも思えない。

必ずやり遂げるという執念のようなものも感じる。

ラキーシャのことは失ったけど、ドレがジョーンズの住所をタリクに教えたという証言と、DNAもある。

タリクには捕まってほしい。

なんでまだ生きてるんだとも思うけど、捕まって酷い目に遭うほうがタリクには堪えるような気がしてきた。


そしてジェームズがどこへ向かっているのかよくわからなくなってきた(;´・ω・)

まさか副知事の座、まんざらでもないの?

プロジェクトを消滅させたテイトとの仲直りはないと思うけど、ないと思うことが起きるのがこのドラマだし、テイトは結構厄介だし・・・

だとしたら最後はやっぱりいつものアレか!?

テイトも殺されてしまうかも?

テイトはクズだから別にいいんだけどね。

続きはコチラ
POWER / パワー シーズン6 第9話 焼けた戦場 - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-POWER/パワー カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ