夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

スーパーナチュラル シーズン14 #15 安住の地

あらすじ

男性の頭が爆発した事件を調べるために、チャーミング・エーカー(幸せの町)へとやってきたサムとキャス。町はどこか時代錯誤で変だと感じる2人。

一方、ディーンはジャックを連れてドナテロに会いに行くのだった。

ネタバレと感想

キャスに調子を聞かれたジャックは、パワーは戻ったけれど前とは違うし、ミカエルを殺すためにどれだけ魂を使ったのかは、わからないと話す。

一方、サムはハンターたちがミカエルに皆殺しにされたことでかなり参っていた。←正直ちょっと意外

立て続けに狩りに没頭する。

そこでキャスと共にやってきたのがチャーミング・エーカー(幸せの町)

被害者はコンラッドという青年、頭が爆発して死亡したのだ。

早速町で夫婦に声をかけたけれど、彼らは携帯も知らないしなんかちょっと変←かなりレトロな雰囲気の町。

町長が運営するハリントンズというカフェを教えてもらいそこで聞き込みをする。

応対してくれたのは町長の娘のサニー。

コンラッドが宿泊していた宿を聞き、そこに泊まることに。

部屋を調べると、サニーが書いた情熱的なラブレターが見つかった。

スポンサーリンク

 

一方、昼間にサムたちと会った男性は、何かがおかしいと違和感を持ち、本当の家族の記憶を取り戻す。

そしてここは自分の家ではないと気づき、家を飛び出すと、頭が爆発して死亡。

翌日キャスがホテルで目覚めると、サムの姿が消えていた。

スミス家の主人が亡くなったことを聞いてスミス家を訪れたキャス。

そこにはサムの姿が!しかもスミス家の主人としてΣ(゚Д゚)←ちなみに嫁はパンチが効いている

ジャスティン・スミスだと名乗るサムに、正気に戻れと言うキャス。

すると怒ったサムに家から追い出されてしまう。


一方、どれほどの魂が残っているかわからないジャックを連れて、ディーンはドナテロの家を訪ねる。

2人で話すようにと言ってディーンは車で待つことに。

魂を失くしてどんな感覚なのかを聞くジャック。

まるで銀河だと応えるドナテロ。

光輝いて回転しているけれど、その真ん中にはとてつもなく大きなブラックホールがあって、中身は何もない、何にも感じないと言い、哀れみや慈悲もないと話す。

ジャックはというと、前とは違う気がするけれど、それがなんなのかはわからないみたい。

ただディーンやサムに心配をかけたくないと打ち明ける。

ドナテロからのアドバイスは、尊敬する人物ならどうするかと考えること、ジャックにとってはディーンやサムってことね。

帰り際、ディーンがドナテロにジャックのことを聞くと、あの子の頭の中がどうなっているのかは誰にもわからないと言われる。


一方、チャーミング・エーカー(幸せの町)では、キャスはサニーの元を訪れ、どうやって町の人々やサムを洗脳したのかと問い質す。

だけど犯人はサニーではなく父親の町長だった。

彼曰く、昔からついていて、誰が何を考えてるのかがわかったと話す。

そしてあることがきっかけで、人々を操れる力があると知ったというのだ。←キャスは天使だから力が効かない

新しい名前と住民票を与え町を作り替え、抵抗しようとするものを殺したらしい。

ただし、娘のサニーには力は効かないという。

キャスに襲い掛かるサムと町の男たち。

しかし、「ディーンを見捨てるのか」の一言でサムは正気を取り戻す。

そして言い争うサニーと町長のところへ行くと、町長はキャスを吹っ飛ばしサムを殺そうとする。

それを止めることが出来たのはサニーだった。

サニーにもパワーがあった。

罪のない人たちを殺したことを許せないサニーは父親を自分の世界に閉じ込めた。

キャスが町長の頭を覗くと、それはとても幸せな美しい世界でもう二度と誰も傷つけることはできない世界。

ただ、サニーは自分でも何をしたかがわからないみたい。


基地に戻ったサムは、ここから逃げるために狩りに没頭したとディーンに言い、少し時間が欲しいと話す。

そしてジャックは、元気のないヘビ(ゴルゴンの元ペット)を、サムとディーンなら友達に合わせるはずだと考え、天国でゴルゴンに合わせるために、ヘビを逝かせたのだった。 

スポンサーリンク

 

ジャックはなんかいろいろ間違ってると思うねん(。-`ω-)

魂があるとかないとかの話ではなくて、まだ1~2歳だから圧倒的に経験が足りないよね。

それにゴルゴンは天国じゃなくて煉獄にいると思うねん。

まぁ、人殺したり、死んだり、生き返ったり、魂燃やしたりと濃い人生ではあるけれど、ドナテロとは違う。

白か黒か、イエスかノーか、どちらかしかないって感じで、そのあいだがないのよね。

まぁ、天使ということを考えると、キャスも最初は酷かった。

なのに魂が残りわずかだとすると、この先ちゃんと人生というものを学べるんだろうか?ちょっと心配だなぁ。


一方で今回の狩り、あれはいったい何なの?

人々を操れる力って一言で片づけるのはちょっと手抜きじゃないかい?町を丸ごと掌握してたんだよ、しかも正気に戻った人間は沸騰するみたいな感じで頭爆発してるのに。

それなのに特に呼び名もないなんて、すんごいパワーを持っているのに!

しかも最後は娘のパワーで永遠に頭の中はお花畑のような状態って、ある意味罰ではない!それとも究極の罰なのか!?

だけどやっぱりスッキリしない。

 

そしてちょっとビックリしたのは、サムがハンターたちをミカエルに皆殺しにされたことを、思い悩んでいたこと。

自ら指導して部下といってもいい存在だったからかなぁ。

思い返せば、今までそういうのはなかったかもね。

逆にディーンが全然平気だったことの方にビックリや!

まぁ、サムに任せっきりでちょっと距離置いてたし、それどころでもなかったから、そんなもんか。


続きはコチラ
スーパーナチュラル シーズン14 #16 恐怖の口笛 - 夜更けに海外ドラマ
シーズン14の目次はコチラ↓↓↓
スーパーナチュラル シーズン14 全話一覧 ネタバレ感想 - 夜更けに海外ドラマ