夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

スーパーナチュラル シーズン15 第1話 再び、悪夢の始まり

前シーズンのラスト 

ジャックが世界をウソがつけなくなるものに変えたため、それを修復すべく神・チャックが降臨。

そしてチャックから、ジャックを殺すようにとイコライザーというなんでも殺せる銃を託されたウィンチェスター兄弟。

しかし、結局ジャックを殺すことは出来ず。

シナリオ通りにいかずにヘソを曲げた神・チャックは、ジャックを殺害。

その後、最終章だと言って、ディーンたちを死人が蘇る墓地に置き去りに。

3人は大勢のゾンビに取り囲まれるのだった。

あらすじネタバレ

ゾンビの中に取り残されたディーンたちは、ジャックの遺体を抱えて聖堂へと避難。

しかしサムによると、外にいるのはゾンビではなく、魂が死体に戻されただけだと言う。

そして脱出方法もなく困っていると、突然ジャックが目を覚ます。

しかしそれはジャックではなく、ジャックの遺体を乗っ取った悪魔・ベルフェゴール。

ジャックから出て行けと怒るキャスだったが、ベルフェゴールは力になると提案。

彼のまじないのおかげでゾンビから魂を追い出すことができ、無事に聖堂から脱出する。


一方、死体から出て行った一部の霊たちは悪さを開始。


ディーンたちに策はなく、まじないで幽霊たちを1か所に閉じ込めようというベルフェゴールの策に乗ることに。

2キロ範囲の塩のバリアをつくり、そこに霊を閉じ込めるというのだ。

しかし、墓地の近くの町もその範囲内にあるため、住民を避難させることに。

FBIだと偽り、ガス漏れだと言って保安官に町の住民を避難させるように指示するサム。

そしてキャスと手分けして町を見回っていると、ピエロの霊から逃げていた母娘を発見。

サムはピエロの霊に襲われ負傷する。

そこへキャスが現れ、一瞬で傷を綺麗に治し、神を撃った時の痛みも癒やそうとするが、傷口に強力な未知のエネルギーが詰まっているのを感じる。


一方、ベルフェゴールと一緒にまじないに必要なものを調達することになったディーン。

ベルフェゴールは、地獄にいた時のディーンの仕事ぶりのファンだと言い、あれは拷問じゃなくて芸術だったと絶賛。

今現在の地獄は、あらゆる扉が開き、地獄の檻の扉も開いていると話す。

するとミカエルのことを聞くディーン。

ベルフェゴールは、たとえ檻から出たとしてもミカエルは悪さなんかしないと答える。

そしてまじないには、塩の他に新鮮な心臓が必要だと話していると、霊に殺害された保安官を発見。

ベルフェゴールが心臓を取り出してまじないを完成させ、町にはバリアが張り巡らされる。


その頃、サムとキャスは母娘を連れ避難場所へと向かっていたが、またしてもピエロたちの霊に遭遇。

しかし、無事にバリアの外へと逃げ出すことに成功する。

そして避難場所の高校へ母娘を送り届ける。


その後、神を撃った時のサムの傷の手当てをするディーン。

自分で選んできた道だと思っていたが、結局は迷路の中にいただけで意味がなかったと話す。

すると、大勢の人を救ったし意味はあると言うサム。

神がいなくなるのはいつものパターンで、神がいなければ自分たちの意志でやれるから、30億の幽霊とも戦う価値があると力説。

僕らが勝った時、神は既にいないから自由だと語り、ディーンも地獄を飛び出た魂たちと、闘うヤル気を取り戻すのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~死体が動いたならそれはゾンビでええんちゃう~

前シーズン、ゾンビの渦に取り残され、どうやって逃げるのかと思っていたら、いつものごとく強行突破。

やっぱりこれぞスーパーナチュラル!

そしてジャックの死体は悪魔のベルフェゴールに乗っ取られちゃいましたね。

このベルフェゴール、地獄の仕事が好きだと言っていたし、かなりビジネスライクな悪魔みたい。

それになんか怪しい( 一一)

何か企みがあるのか、それとも大物なのか?


このベルフェゴールに対し、キャスはどうにも我慢ができないみたいやね。

登場当初は感情なんてなかったのに、今では3人の中でいちばん感情豊かかも。

そして献身的。

逆にサムは、やっぱりね、って思うくらい打算的。

ジャックの身体に悪魔が入っていようと、助けになるならあっさりそれを受け入れる。

ディーンも受け入れるけれど、やっぱりサムのほうが現実的で冷たさを感じちゃうのよね。

理性的と言えば聞こえはいいけれど、ディーン以外の相手に対しては割とアッサリと切り捨てちゃうっていうか・・・

ディーンほど、キャスのことも大事にしていないと感じちゃう。


一方、今後の展開としては、閉じ込めた幽霊たちとどう決着をつけるのか?

神が突きつけた最終章。

解き放たれた30億の魂、神に見捨てられたこの世界を、サムは自由意志の世界だと言って希望を見出しているようだったけど、それはどうかなぁ?

神・チャックは、ウィンチェスター兄弟のこと気になったりはしないのかしら?

っていうか、チャックはちょっと勝手がすぎるから、ここらで姉のアマラにお仕置きされたほうがいいんじゃない?


サムも、死体が動き出したんだからそれはもうゾンビでいいじゃない。

魂が死体に入っただけでゾンビじゃなくて霊だとか言い出すし、そういうところ理屈っぽくて面倒臭い男よね。


そしてそして、最後のトランクを2人で閉めるシーン。

あれって、シーズン1の第1話のラストシーンよね?

そういうことされると私なんて単純だからすごく喜んでしまう(´∀`*)

だから「再び、悪夢の始まり」というタイトルなのか!

それにあのシーンを見た瞬間に、第1話目のラストってすぐに思い至った自分をちょっと誉めたい気分。

それだけ印象に残ったシーンでもあったってことよね。

こういうのを見せられると、いよいよラストシーズンなんだなぁとちょっとしみじみとしちゃいました。

神・チャックが残した「最終章」という言葉。

視聴者である私も突きつけられた気分です。


続きはコチラ
スーパーナチュラル シーズン15 第2話 再び、悪霊の逆襲 - 夜更けに海外ドラマ