夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

スーパーナチュラル シーズン15 第5話 神の筋書き

あらすじネタバレ 

コロラド州で5人がヤマネコに襲われ死亡という事件を見つけたサムとディーンは早速調査へ。

そこへ向かう車中で、サムは再びディーンを殺す悪夢を見る。

しかしその悪夢の内容をディーンには話さないサム。


現地に着くと、いつものごとく偽名を使い保安官事務所へ。

保安官の話によると、遺体には動物が襲った形跡はなく、現場には肉片もなし。

ヤマネコだと言ったのは報道発表が必要だったから。


そこで2人は、病院で入院している唯一の生存者・アシュリーに話を聞きに行くことに。

報復を恐れなかなか話してくれないアシュリー。

しかしディーンが親身になり、犯人は男でかぎ爪と牙があったことを聞きだす。

ディーンは男の正体が狼人間だと説明し、彼女を必ず守るという約束で、男の名がアンディ・メイだと教えてもらう。


早速、森の中の自宅を訪ねるディーンとサム。

応対に出たのは兄のジョシュで、アシュリーの写真を見せるが知らないと言われ、連絡先を聞こうと紙と銀のペンを差し出すも、電話はないと断られる。←狼人間決定!


2人が帰ると、早速アンディに怒るジョシュ。

女性たちを殺したのはジョシュで、アンディはアシュリーを殺したフリをして彼女のことを見逃していたのだ。

人なんて襲いたくないと言うアンディに、ジョシュはもう襲わないと約束。

しかしアシュリーは別だと言い、アンディも素直に頷く。


一方、退院したが誰も頼る人がいないというアシュリーをモーテルで保護する2人。

サムはこの事件は簡単すぎて妙だと怪しむが、ディーンは気にしていない様子。

そしてアシュリーから眠るまで一緒にいてと言われたディーンは付き添うことになり2人で雑談。

モーテルの外では、アシュリーを狙う狼兄弟が車で待機していた。


その後、サムが部屋に戻るとディーンは眠りこけていてアシュリーの姿がない。

慌てて狼兄弟の自宅へ。

アシュリーを保護する2人だったが、狼兄弟に襲われ大ピンチ!

ディーンはジョシュに追い詰められ、サムもアンディに銃を突きつけられる。

しかしアンディが撃ったのは兄のジョシュ!

それは人は襲わないと言ったのに約束を破ったから。

そして僕も怪物だと言うと自分の腹部に発砲し自殺を図る。

妙な展開になんだか腑に落ちないと言うディーン。

救ったはずのアシュリーも、足を滑らせて転倒し鹿の角が背中から刺さり死亡。

絶句するディーンだったが、次の瞬間、最悪だと言って起き上がるアシュリー(゚д゚)!


実はアシュリーの正体は、以前サムが殺したはずのリリスで、神が虚無から連れ戻し2人の元へと寄越したのだ!

狼兄弟の兄殺しと自殺をしっかりと2人に見届けさせるというのも神の筋書き通り。

そしてリリスがやってきたのは、2人を殺すためではなく、神が渡した銃・イコライザーの回収が目的。

抵抗しようとする兄弟だったがリリスの力は圧倒的。

気を失ったサムに手を出そうとしたため、ディーンは銃のあるところに案内すると言ってリリスをインパラで連れ出す。


一方、サムはまた夢の中。

ディーンの腕にはカインの刻印が刻まれ、手には元始の剣。

それで刺されたところで目が覚める。


その頃ディーンはリリスとモーテルへと向かっていた。

そこでリリスから、神が異常なまでに2人に執着し、結末は全部同じで兄弟が殺し合うのだと聞かされる。

狼兄弟の死を見せたのは伏線らしい。


そしてモーテルに着くと銃は初めから持ってきていなかったと言うディーン。

もちろんリリスが納得するはずもなく、指先ひとつ動かすだけでディーンに切り傷を刻んでいく。

そこへサムが現れリリスの額に悪魔封じの弾を撃ち込む。

しかし足止めするほど時間も稼げず慌てて外へ逃げるディーンとサム。

けれど次の瞬間、2人の身体は動かなくなり目の前にはリリスが!

銃はやらないと言うディーンだったが、銃は車にあると見抜いたリリスに奪われ目の前で溶かされてしまう。

用が済むと「じゃあまた」と言って消えるリリス。


基地に戻り、ディーンからチャックが望む結末は一つで、俺たちが殺し合うことだと聞かされたサムは、自分が見ている悪夢はストレスによるものだと思っていたがそうじゃないかもと思い当たる。

イコライザーで撃った傷口がチャックとリンクし、チャックの思考を見ているのではないかと。

チャックからまだ解放されていないことに絶望するディーン。

全知全能の神とどうやって戦えばいいんだと言って途方に暮れるのだった。 

スポンサーリンク

 

感想 ~チャックはやっぱり三流~

とうとうリリスまで復活したけれど、白目むいたらリリスって言うのはちょっと手抜きよね(* ´艸`)

この先、リリスチェンジがあるかもしれないから気をつけておかないと。

そして復活させたリリスにまで小バカにされてる神・チャック。

ここへ来て頼るのが天使じゃなくて悪魔なところがチャックっぽい。

リリスはウィンチェスター兄弟に最後は殺し合いをさせるだけのつまらないシナリオにウンザリしているみたいだけどね。

とはいえ、相手は神だから逆らうわけにもいかず、結局は言いなり。

2人のことを殺したくてウズウズしてたのに(* ´艸`)

チャックもわざわざリリスを復活までさせてイコライザーを取り戻そうだなんて、あの銃相当ヤバかったんやね。

一発受けただけでかなりのダメージやったしね。

それに何より神は一人。

もし、ディーンが一発、キャスが一発と神を殺すためにリレーを始めたら神と言えども死ぬ可能性があったのかなぁ?

今となってはもう銃はないけどさ。


そしてサムの悪夢の正体!

やっぱりあの銃で撃った傷のせいでサムとチャックが繋がってることが原因なんやね。

でもサムがチャックの思考を無意識下とはいえ読み取れるなら、その逆は?

チャックにだってサムの思考が覗かれるってことだってあり得る。

だけどチャックはあれでも一応「神」だから覗く必要なんてないのかぁ。

だって自分でシナリオを描いてるんだもんね。

だとしたらわざとサムに悪夢を見せてるの???

どこまでがチャックの意向なのかがわからないから疑い始めるとキリがない。

決まっている結末は兄弟の殺し合いだけで、チャックが求めているのは傑作!

でも今回の狩りを見ていると、チャックの作品は3流もいいところ。

狼兄弟が殺し合うところをしっかりと見せる、それも伏線としてだなんて、なんじゃそりゃ。

狼兄弟とウィンチェスター兄弟が重なるところなんて兄弟ってだけで他には何もないじゃない。

兄弟ってだけで共通するものが何も見いだせないのに心が動くわけがない。

やっぱりチャックの作家としての腕は3流。

厄介なのは彼が神ってことだけ。

だけどサービス精神があるのは認める。

ディーンの腕のカインの刻印とか、手にしていた元始の剣、ああいうのを見るとやっぱり懐かしい。

クラウリーのことも思い出したよ(´;ω;`)

シーズン9の最終話が印象的だった。

あの頃はクラウリーとズブズブだったよね。

過去のシーズンを思い出させられると、これが最終シーズンなんだと何度だって思い知らされる。

こうなったらそれも思いっきり楽しまないとね。


続きはコチラ
スーパーナチュラル シーズン15 第6話 ロウィーナが残したもの - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
スーパーナチュラル カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ