夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ウェントワース女子刑務所 シーズン7 #1 血の結婚式

前シーズンのラスト

元刑務所長のチャニングが、ヴェラの家を訪ねてきたマーフィをファーガソンと勘違いし射殺。

ヴェラたちは全ての罪をチャニングになすりつけることに。

一方、マリーの息子を殺したのがルビーだと気付いたザラ。

リタはファイトクラブでザラと対決し、彼女を殴り殺してしまう。

マリーのデータも手に入れられなかったリタに、仲間は潜入捜査は終わりだとを告げ去って行くのだった。

 

あらすじネタバレ

3か月後、独房から一般棟へと戻るリタ。

弁護士によると、潜入捜査官であった証拠はなく、あるのは10年前の制服警官の記録のみ。

ザラ殺害で15年の刑期となる。


一方、被害者が亡くなったマリーも15年の刑期を言い渡されていた。

マリーの刑期が15年と聞いて、問題は起こすなと釘を刺すヴェラ。

カズも仲間を連れてマリーを牽制しにいく。

マリーの味方はアリーだけ。

カズはリタにもマリーに気をつけるようにと警告。


そしてリタを迎え入れたルビーは、週に2度は届いていたと言って、レイからの手紙を渡す。


一方、認知症の症状が進むリズは、刑務所内の地図を作っていた。

マリーはウィルと密会し、15年も隠し通せないと言って、二人の関係を清算することに。

ブーマーには吉報が届き、2か月後に仮釈放の審理を受けられることが決まる。


そんな中、レイはリタに面会に行くも冷たくされ、刑務所上空にセスナを飛ばす。

そこには「リタ、結婚しよう」と横断幕にプロポーズの言葉が。


一方、ジェイクがお腹の子の父親だと職員や囚人に知られたくないヴェラ。

だけどジェイクはお腹の子供と関わりたいと思っているんだよね。

そして刑務所には新しい精神科医のミラーが着任する。

精神科病棟に行かされると怯えるリズ。

そんなことにはならないと言ってリズを落ち着かせるカズ。


そしてルーカスがマリーに面会にやってくる。

もうみんなには新しいボスがいる、誰もマリーには従わないと言う。→だって刑期15年ですから

それに、ボスはザラであんたへの忠誠心はないとも言われる。

結局はザラの復讐をしないことに不満があるみたい。

ウィルはマリーを心配し声をかけるも、放っておいてと冷たい態度。

マリーはアリーに怒りをぶちまけていた→二人は完全にヨリを戻した!

お金を搾り取ったくせに犯人捜しもしない、カズとリタに復讐すべきだったという。

だけど、しなくてよかったというアリー。

リタも罰を受けた、私たちの人生を困難にしないでと話す。


一方リタは、プロポーズを受けることはできないことを納得してもらうため、面会にきたレイに自分が潜入捜査官であることを明かす。

すると君は誰だ?と言ってレイは去ってしまう。

しかし再びリタに面会に来たレイは、それでも結婚したいと申し出る。

俺たちは強い絆で結ばれている、俺を愛してるのは真実だと。

すると私だって結婚したいと漏らしたリタ。

レイはそれを承諾だと受け取り、結婚するぞ!と大きな声で宣言する。


一方、ウィルはヴェラに辞職を願い出る。

引き留めるヴェラだったが、2週間後には去ると告げられる。


そしてマリーは新しく入ったカイリーにクスリを与えていた。→カイリーは薬物中毒

見返りはカズを襲うこと。


ナイフでカズを襲いに来たカイリー。

看守に取り押さえられるも振り切って逃げ、ヴェラを人質にとる。

人質に取られたヴェラを見て声を荒げるジェイク。

しかし精神科医のミラーが彼女をうまく説得しヴェラは無事に解放される。

カイリーは子供を失くしているようだった。→彼女が殺した???


ヴェラを心配するジェイクは産休をとれという。

そこへミラーが現れる。

ジェイクが去ると彼が父親だと明かすヴェラ。


ヴェラはウィルを呼び出し、看守長代理を頼む。

看守長という立場はストレスが多く仕事量を減らしたいと言う。

適任じゃないというウィル。

数か月だけだと説得するヴェラ。


そしていよいよリタの結婚式が執り行われようとしていた。

グレーのスーツを着てバイクで刑務所へとやってきたレイ。

刑務所への扉が開かれたその時、ブッチャーズのジャケットを着たバイクの男に銃で撃たれるのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~やっぱり悲劇が待ってるのね(T_T)~

血の結婚式ってタイトルからして、そういう予感はしてたよ。

でもそうであって欲しくないって思ってたんだよなぁ。

だって二人の面会シーンがとっても素敵だったから。

こういってはなんだが、結構いい歳してるよ。

それがね、嬉しそうに笑うんだよね、レイがさ。

その顔を見たリタも嬉しそうな顔するんだよね。

だから撃たれたときは本当にもう、あぁぁぁぁ~、って。

ヴェラが人質に取られたときは、もしや血を見るのはここなのか!とも思ったけれど、無事に切り抜けた。

そしたら残るはもうここしかないじゃない。

髪を後ろで束ねてオシャレしたレイをみたら、あぁ終わりなんだな、って。

本当に残念。

でもね、リタがザラを殴り殺してしまった件。

あれは絶対に正当防衛の域を大きく超えてるよね。

完全に過剰防衛、いや、その域も超えてたよね。

それもこれもルビーを守るためだよね。

どうすればそんなに妹を愛せるんだろう?

一方、シーズン7から観た人、そんな人はおらんと思うけど、万が一そんな人がいたら、ジェイクのことを良いお父さんやん、って完全に誤解するやん。

ジェイクの所業を全部見てきた私でも、ジェイクいいとこあるやん、ってちょっと思ってしまったじゃないか、危ない危ない!

ヴェラが人質に取られたときも取り乱してたしね。

そしてマリーとアリー、こっちはどうでもいいわ。

でもヴェラが看守長の座を期間限定とはいえ退くとなると、ちょっとカズが心配だなぁ。

だって後任はウィルでしょ、きっとマリーの肩を持つ。

そうなると囚人たちの勢力図にも変化が出てきそう。

アリーがマリーを止めるなんて絶対に無理やしね。

カズは奉仕する人だから、そこを支持してくれる人はいっぱいいると思う、って言いたいところだけれど、ここは刑務所。

そうとばかりは言い切れないだろうなぁ。


続きはコチラ
ウェントワース女子刑務所 シーズン7 #2 報復 - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ウェントワース女子刑務所 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ