夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン5 第21話 & 第22話 ネタバレ感想

あらすじネタバレ 

第21話 ロクサネ、パウラヴァへ

身を清め美しい装いとなったバルシネの元へ、妹が自害の助けになると言って毒薬を持って来る。

しかし、生き延びたからには大帝の非道を見届けると言うバルシネ。


一方、パウラヴァの河畔ではプルが兵を鍛錬していた。

そこへハスティが裏切者が隠れていると言って、伝達前のタクシラの隠密による文書を持って来る。

誰であろうと必ず炙り出すと言うプル。


そして王宮では、アンビ王子の母がミントを煎じたお茶は母子を病から遠ざけてくれると言って、ラチにお茶の用意をしようとしていた。

しかしそれは、オリュンピアスに教えてもらったギリシャの薬草で、食せば流産するというもの。


一方、バルシネの元へとやってきたアレクサンドロスは、父王・フィリッポスはオリュンピアスを身ごもらせ支配したと話して聞かせ、自分もそうすると告げる。

もちろん抵抗するバルシネ。

だが、アレクサンドロスに力でねじ伏せられる。


その頃ロクサネは、林に身を隠しながら河畔で訓練するプルの側まで来ていた。

しかし、見張りの兵に不審者だとみなされ弓矢で射られ倒れてしまう。

兵から不審なタクシラの女を捕らえたと報告を受けるプル。

アンビ王子はその女性がロクサネだと気付き、死ねばアレクサンドロスが黙っているはずもなく、プルの絶命は確実で好都合だと考えるのだった。

第22話 正邪のはざまで

プルをロクサネから遠ざけるため、わざと負傷してプルの気を引くアンビ王子。

しかしハスティがロクサネに気付きプルを呼ぶ。


その頃王宮では、アンビ王子の母・アルカが、ラチのお腹の子を殺すための薬草を煎じていた。

するとそこへ王室付きの産婆がやって来る。

毒見をすると言う産婆に、毒見など必要ないと言うアルカ。


一方タクシラでは、ロクサネの不在を知ったアレクサンドロスが、嫌な予感がすると言ってロクサネを捜しに行こうとする。

しかしそこへヘファイスティオンが現れ、王妃が戻った時に陛下がおらねば心配するから待機するようにと言い、オリュンピアスもそれに同意。

真実を話すかどうか逡巡するオリュンピアスだったが、結局ロクサネの望み通り黙っていることに。


そしてパウラヴァ王宮では、アルカがラチに煎じたお茶を運んでいた。

子との関係はいかなる役割より優先されると話すラチに、子のためなら正邪をいとわず不正も犯すと言うアルカ。

するとラチは、不正を犯した子の過ちは擁護できないと反論。

アルカは、子の幸せが目的であればそれが正義だと話し、ラチに煎じたお茶を差し出す。

しかしラチがお茶を口に運ぼうとしたその時、プルがロクサネを抱えて入ってきたため、ラチはお茶を落としてしまう。

何が何でも救命を願いますと導師に頼むプル。

器が落ちているのを見て作戦が失敗したことを悟ったアンビ王子は、バムニたちがマガダから戻るまでになんとかすると決意するのだった。

感想 ~バルシネがかわいそうすぎる~

プルは裏切者の存在を知り、アレクサンドロスは力づくでバルシネを凌辱。

パウラヴァへとやってきたロクサネは矢で射られ、アンビ王子の母はラチを流産させるため作戦を実行。←失敗に終わったけど

なんかいろいろと盛沢山な展開(〃艸〃)

中でも鬼畜の所業だったのがアレクサンドロス。

力づくでバルシネを手籠めにするなんて許すまじ!

アレクサンドロスがバルシネに言った言葉、現在ならば全部炎上で叩かれまくりの刑やからね(# ゚Д゚)

女性を敵に回す言葉のオンパレード。

そしてアレクサンドロスがそんなことしてる間に、ロクサネはパウラヴァで負傷。

それもこれも全部アレクサンドロスのためだと言うのに、何をやっているんだか。

支配できないものがあるなんて許されへんってことなんやろうなぁ。


一方パウラヴァでは、アンビ王子の作戦が不発。

プルはロクサネに気付くし、ラチはお茶を飲まなかった。←よかった(*´▽`*)

きっとロクサネは助かるだろうし、この先もラチは流産はしないだろうと思う。

そう考えた時、ここまで悪役に豹変させられたアンビ王子がちょっとだけ気の毒に思える。

プルが父王の仇だって言うのも、誤解の部分もあるし単純な話でもない。

それが解けたとしても、ラチのことがあるから関係の修復は無理かも。

でもプルだからなぁ~

全てを乗り越えて丸く収まる可能性もゼロではないかもしれない。


そして興味深かったのがラチとアルカの子供に対する見解の会話。

子のために不正も犯すと言ったアルカに対し、子の過ちは擁護できないと言ったラチ。

これは昔も今も変わりなく、人によるんやろうなぁと思うし、善悪で語るものでもないと思う。

そういう局面に立たされた親だけにしかわからん問題かもね。


アンビ王子はまだまだ諦めていないようだし、アルカがこの先も協力をし続けるのかも気になるところ。

きっと助かるであろうロクサネもプルに対してどんな判断を下すのか?

そしてアレクサンドロスが、ロクサネがパウラヴァにいるって知ったらどうなるんやろうね(*`艸´)ウシシシ

最終シーズンも折り返し、どこへ向かっていくんでしょうね。


続きはコチラ
ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン5 第23話 & 第24話 ネタバレ感想 - 夜更けに海外ドラマ
シーズン5のカテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ポロス~古代インド英雄伝~-シーズン5 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ