夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン2 #12 自由への切符

あらすじネタバレ 

医務室で捜査官に会ったエレナは、スサナには17歳の娘がいることを話す。

誘拐した娘を自分の娘だと思い込んでいる可能性があるというサンドバル。


監房では、アナベルが白い鳩を可愛がっていた。

そして現場検証から戻ってきたマカレナに対し、明日は舌を使ってもらうと言う。

それを聞いたリソスは、怒ってアナベルに掴みかかろうとするが、マカレナがそれを止める。

守ろうとしなくていい、同情なんて要らないと強い口調で言うマカレナ。


一方、カスティージョ警部とファビオはバーにいた。

マカレナと一緒に逃げると約束したと話すファビオ。

彼女には希望が必要だったと言う。←ウソだったのね

すると同じバーにサンドバルと所長もやってくる。←もちろん同席はしない


そして真夜中、スサナのいる監房ではエレナが彼女の寝言に耳を傾けていた。

しかし少女の行方に関することは聞けず。

その上、スサナを探っていることをスレマに気付かれてしまう。

マカレナは、真夜中のうちにアナベルの両手を縛り、口をテープで塞いでいた。

早朝、目覚めたアナベルの腕に「MAKA」とナイフで刻み、選択肢を2つ与える。

1つ目は腕に刻まれた名前を見て、私には失うものが何のないと思い出すこと。

もう1つは真っ向勝負だと言う。

その様子を黙ってみているソレとリソス。


一方、エレナは根気強くスサナの相手をし、脱獄しようと揺さぶりをかけてみる。

しかしスサナは乗ってこない。

娘の居場所を聞くも、口を閉ざし、最後に娘は死んだと言って席を立ってしまう。


そしてマカレナは、所長にアナベルのことを密告していた(゚д゚)!

アナベルがバンビに売春させていたこと。

競りにかけて売っていたこと。

それを阻止しようとして落札したら、代金を払えて脅されていること。

私の名前を腕に刻み執着されている。

命の危険も感じるという。


ソレもリソスもマカレナのアナベルに関する話は本当だと所長に証言する。


マカレナはリソスに、父からはウソや暴力はダメだと言われ育てられたが、ここではそれは通じないと話す。

そしてここでの暮らしを邪魔する人には消えてもらうという。


一方、所長はアナベルを呼び出し、「MAKA」と刻まれた腕を確認。

懲罰房へと入れられるアナベル。


エレナが一人で脱獄しようとしていると思ったスレマは、エレナを殴り、瞼をホッチキスで止める。

カロリーナ(ファビオの妻)から電話をもらったパラシオスは、彼女に会いにバーに行く。←ファビオには内緒

夫とよりを戻せる可能性について聞くカロリーナに、希望があるようなことを言ってしまうパラシオス。←無いって知ってるよね

カロリーナからは世界一いい人ねと言われる。


刑務所の中庭では、テレたちがカードをしていた。

そこでテレは、アナベルの鳩をみつけ、その鳩がクスリを運んでいたことに気付く。

アナベルは懲罰房だし、今ならバレないと言うテレ。←ネコババするつもり


一方、スレマのいる監房に現れたファビオ。

他の囚人に何かすれば、頭を便器に突っ込むと言ったことを実行しにきたのだ!

頭を便器に突っ込まれ水で流されるスレマ。

そこへマカレナが通りかかり、脱獄する約束をしたのに、スレマが死んだらお金の在りかが分からなくなると言って、止める。

助かったスレマは、二度とやらないとファビオに言い、マカレナには礼を言う。

アナベルのクスリをネコババすることにしたメンバーは、テレ、リソス、アントニアの3人。←ソレもいたが手を引いた

どうやってクスリを売るかを相談する。


一方、スレマに襲われケガをしたエレナだったが、平気だと言って監房に戻して欲しいという。

だったらスレマを懲罰房へというファビオ。

そんなことをしたらかえって危険だと言って反対するエレナ。

あと少しでスサナの信頼を得られると言い、スサナが1歳の赤ん坊を亡くしていることを話す。

まずは病院へ行って問題がなければ戻すというカスティージョ警部。


そしてスレマは、心理学に関する本を読み漁り、スサナに近付こうとしていた。

そこへマカレナがやってくる。←スレマが捜してると聞いたから

目指すのはあんたと同じ脱獄だというスレマ。

本人は知らないけどスサナが助けてくれる、誘拐した少女の居場所を知りたいと話す。


便器の水音に紛れてファビオとの会話が聞こえてきたと言う。←脱獄のね

逃避行にあのお金が必要なんだろ?というスレマ。

お金は150万ユーロずつ折半することで話がつき、スレマは携帯をマカレナに渡す。


ロマンに電話するマカレナ←かなり精神的に追い詰められてるロマン

ロマンは、ここで屈するか、お前を助け出すかだと言うと、お金を取りにモロッコへ行くと言うのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~マカレナの覚醒と反撃~

やっとアナベルへのお仕置きの時間が来たわね。

このままアナベルが引き下がるとも思えないけど、とりあえずはスッキリ。

アナベルの怯えた顔を見るのは気分がいい(*`艸´)

そして白い鳩ね。

クスリを運ばせるなんて、そんなことじゃないかと思っていたわよ。

どう見たってアナベルがペットをかわいがるようには見えへんもんね。

見方を変えれば努力家。

しかもアナログ。

今は懲罰房だけどね( ´艸`)


一方、ピンチなのは潜入捜査をしているエレナ。

スレマの目を欺くのは簡単だと思っているみたいだけど、それはどうかなぁ。

せっかく勝ち取れていたスサナの信頼も横取りされそうよ。

スレマったら心理学の本なんて読んじゃって、めちゃくちゃ本気ですやん。

そして散々なことをしておきながら、またしてもマカレナに頼るのね。

友達おらんもんね。

わかってたけど、やっぱりロマンも巻き込んじゃうのね。


それともう一つ捨て置けないことがある。

所長とサンドバルよ。

所長には全力で逃げて欲しいけど、新たな関係を築こうなんてしてないよね。

お願いだからしてないと言って。


そしてそしてパラシオス。

カロリーナにファビオのことで期待を持たせるようなこと言ったよね。

まぁ、それはよしとして、なんで眼鏡を取った?

眼鏡を取ったらなかなかのイケメンが隠れていることは認める。

でも、カロリーナは盲目やから、眼鏡とる意味はないで。

なんか眼鏡を取られると下心があるように見えてしまう。

断じて悪気はないけど・・・

もしかしてカロリーナに対してちょっとは気があるのかなぁ。

些細なことだけど気になるなぁ。

続きはコチラ
ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン2 #13 苦汁をなめる - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ロック・アップ/スペイン女子刑務所-シーズン2 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ