夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン1 #10 午後の5時

あらすじ

親子連れが乗ったキャンピングカーに銃を向けて突入したレオポルドは、とっさに治安警備隊の者だと言ってその場を逃れる。

そして車のワイパーに挟まれていた切符を持ち帰る。

一方、リソスからお腹の子のDNAがシモンとの恋愛関係の証拠になると言われ、大喜びするマカレナ。

そして二人はいい雰囲気になるんだけれど・・・

ネタバレと感想

スレマは奴隷にしていたカスペルに、明日の午後5時に開放すると話す。

一方、マカレナは所長に会いに行き、シモンとの親子関係を証明するために、胎児のDNA鑑定を受けたいとお願いする。

だけどそれにははサンドバル医師の許可が必要なんだって。

そして父親は、エジプトのことを諦める気は一切なし。

何も知らない妻は、ポケットに入った薬きょうをみつけたと言って父親を問い質す。

射撃場に行ったと言い訳する父親。

借りてきたお金については、森に埋めて隠したとごまかす。

すると母親は、もし何かするにしても家族を巻き込まないでと釘を刺す。

そしてマカレナの弁護士と会うのに1万ユーロが必要だと言って、5時までにお金を用意して、と言う←プラス唐突に離婚するわ、とも言った。


マカレナは父親に電話をして借金が5000ユーロあるから、次に来るときはお金を持ってきてほしいと頼む。

それとスレマがあのお金を使って脱獄するつもりだと思うと言い、森でスレマの恋人のエジプトに会って伝言を頼まれたことも話す。


その頃カスティージョ警部は、所長とファビオにスレマを徹底的に監視するようにと依頼。

スレマはというと、アナベルのアイロンがけにケチをつけ、ちょっとしたいざこざを起こす。


そしてマカレナは、裁判の形勢逆転や保釈金の減額が望めるので、一刻も早く親子鑑定をしたいとサンドバルに頼む。

だけどサンドバルは11週目で羊水穿刺を行うのはリスクが高いからと言って許可してくれない。

いつ許可をもらえるのかと問い詰めるマカレナ。

判事に訴えると言うと、流産の危険性があると私が言えば君は検査を受けることは出来ない、それだけのことだと言って彼は部屋を後にする。

するとマカレナは真っ裸になる。

そして戻ってきたサンドバルに好きにすれば、と言う。

だけどサンドバルからは「君は私の人形だ、いつ何をやらせるかは私が決める、失せろ」と言われ、裸のまま医務室を後にする。

だけど裸で医務室から出てきたマカレナを、ファビオが監視カメラで見ていたの。←衝撃映像!


一方、ロマンは離婚すると言われてなぜ何もしない?と、父親に質問を投げかけ、マカレナのためにすべてを犠牲にしてると言って父親を責める。

そこへピザの配達がやって来る。

そして配達に来た青年に、あのアラビア語の伝言の意味を聞き、「己を清めよ」という意味だと教えてもらう。


刑務所では、礼拝所で一人、日曜日の花の準備をするマカレナ。

そこへファビオがやってくる。

医務室から裸で出てくるのを見たと言い、何があったかを尋ねる。

するとマカレナは、サンドバルに今まで何をされていたかを洗いざらい密告し、あいつは変質者だ、囚人を取り込んでいるし、何かをバラしたら息子を奪うと脅されていたと話す。

力になるというファビオ。

そして二人は激しくキスをしてその先へと進もうという勢いだったんだけれど、マカレナがやっぱりだめよと言い、ファビオもカメラで見てるしなと言ってお開き。

で、そのカメラで見ていたのがパラシオス( ゚Д゚)


一方、必死でお金の調達をしようとしているロマンの横で、父親は何やらメモをとりながら熱心に調べ物をしていた。

時計は午後2時、ファビオはマカレナのことでサンドバルを問い詰める。それに対しサンドバルは、彼女は問題ありで、パーソナル障害だと告げる。

望みを叶えるためにはすべてを利用する人間だ、年上の男は格好の獲物だと話す。

ファビオは決断を下すのは早いと言ったけれど・・・

スポンサーリンク

 

ファビオとマカレナはいずれくっつくだろうと思ってたけど、思ってたより早い展開。

まぁ、未遂に終わったけれどもさぁ。

なんかファビオもマカレナもズルいよね。

だってファビオは妻のことはもう愛していないと口にしていたし、マカレナだって結局は守護者が必要だからファビオにあらいざらいぶちまけたんだよね。

もし本人にそんな気がなかったとしても完全なる誘惑。

決定的瞬間を見たパラシオスは絶対に密告なんてしないだろうし、せいぜいファビオを問い詰めて軽蔑するくらいだと思う。

なんで目撃したほうが慌てふためかないとあかんねやろうなぁ。

バルブエナの麻薬のことでファビオに借りもあるしね。

だけどファビオはサンドバルにうまいこと言いくるめられてたよね。

心グラグラやん。

果たしてマカレナの味方のままでいてくれるのかな?


そして気になるスレマの動向。

私はなんかアナベルにいちゃもんつけてたのが気になるんよね、これも脱獄するための作戦の一つなんやろうか。

それにしてもアナベルってムカつく要素いっぱいやねん>"<

髪型も小太りなのも、そして何よりあの表情!なんやあれ、見てるだけで腹が立つ!そんな表情をしよるんですわ。

そこは役者さんを誉めるべきか。

そのうち総スカンでも食らえばいいのに。


そして父親もすっかりどっぷりエジプトにハマってるよね。

相手は20人以上殺している凶悪犯だというのに大丈夫かなぁ?

ロマンは心配して手を引きたがってるけど、いざとなると父親に追随するだろうし、もう誰も止められない。


そんな中、リソスとマカレナのやりとりだけはちょっとほっこりして面白いんよね。

なんか奔放な妹を教育しようとしてる姉と妹のような感じ。

マカレナにとっては非常識でびっくりすることだらけみたいだけど。

そして気になる午後の5時。

スレマのカスペルに対する奴隷解放宣言も、母親がお金を用意してと言ったのも午後の5時。

刑務所襲撃くらいはしてくれるんやろうか?

そこはスレマの若い彼氏に期待やね。

patiently.hatenadiary.com