夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン2 #15 存在価値

あらすじネタバレ

起 

囚人服を食べたスレマは医務室へと運ばれる。

悪くすれば敗血症になると言い、緊急手術が必要だというサンドバル。


一方、カスティージョ警部の厳しい尋問は続くがスサナは何も話さない。


そして、懲罰房にいたリソスの元にはバルブエナが現れ、罰は取り消されたと言って懲罰房から出される。

理由は、ネットにアップしたカレンダー制作を認めて欲しいという動画が話題になっていたから。

どうやらリソスがアップし損ねた動画を、バルブエナがアップしたらしい。←リソスに聞かれたとき本人は認めなかったけどね


カレンダー制作は刑務所のいい宣伝になると言うサンドバル。

名案だと所長に助言する。

カレンダー制作は認められ、メイクをして衣装に着替える囚人たち。

そこへマカレナがやってくる。

リソスを呼び出し、私はこんなのやりたくないと言って、リソスにもやらないでと話す。

そしてみんなにも感謝してるけど、リソスと私の問題だからやめてと言う。←結局中止に

自分を守ろうとするリソスに、どうすれば私を守ったり第3級を諦めたりしないでいてくれると言い、別れてもらうにはどうすればいい?と聞く。


カレンダーの件でファビオからお前は何月なんだと聞かれたマカレナは、私の裸を守ったところでどうせ興味ないんでしょと言う。←ちょっといじけてる

するとファビオは、俺はお前が欲しい、覚悟は決めたと言う。←おおっと(゚Д゚;)

だが刑務所から逃げたとしても、テレビや町の店がお前の顔だらけじゃ困ると言って、俺が指示するまでバカなことはせずにいい子にすると約束させる。

うれしそうに頷くマカレナ(〃艸〃)ムフッ


一方、パラシオスはスレマがいた懲罰房で大量に残っていた囚人服の切れ端を見つけ、慌てて医務室へと向かう。

医務室にいたスレマは見張りの刑事の目をそらし、サライと入れ替わって医務室から抜け出すことに成功していた。

 

そしてエレナはシャワー室で泣くスサナを慰めていた。

母親になりたかっただけだと話し出すスサナ。

エレナが少女のことを助けると約束すると、スサナは少女の居場所を言おうとする。

しかしそこへ医務室から抜け出したスレマが現れ後ろから殴られてしまう。

エレナが殴られ動揺するスサナ。

スレマに少女が馬小屋にいることを話す。 

一方、スレマがいないことに気付いたファビオたちは、囚人たちを監房に戻し封鎖。


そしてシャワー室で大けがをしたエレナと一緒にいるスレマを発見。

助からなかったら覚悟しておけというファビオ。

すると私も潜入捜査官だったなんてショックだと言うスレマ。


監視カメラを見ていた看守長は、スサナが首を吊る瞬間を目撃。

すぐにバルブエナがおろすが、スサナは首の骨が折れて死亡していた。

それを知ったスレマは、幸い少女の居場所は教えてくれたとファビオに言う。


一方マカレナは、あなたが望むなら他の監房に移るとリソスに話す。

すると、私が戻ってくるまでに出て行ってと言って去って行くリソス。

監房を去ろうとしたマカレナだったが、枕の下に忍ばせてあったカードを見つける。

それはリソスの枕の下にも忍ばせてあった。

図書館で調べてみると、それは「聖リタ」のカードで、絶望的な状況にある人の守護聖人だと言う。

きっと死のカードだというソレ。

カードが置かれていたのはマカレナとリソスのほかに、バンビ、テレ、アントニアの合計5人。

アナベルの仕業だというマカレナ。

テレたちはクスリを横取り、バンビはアナベルを裏切った、そしてマカレナはアナベルを懲罰房送りにしたからだと言う。

マカレナはリソスも呼ぶがちゃんと話を聞いてくれない。


一方、懲罰房にいるスレマの元へカスティージョ警部とファビオが尋問しに現れる。


スレマは、スサナと2人きりになった時に、少女は見つかったが死んでいたと耳打ちしていた。

そして首を吊るためのベルトを渡していたのだ。


カスティージョ警部に取引を持ち掛けようとするスレマ。

こけにされイラつくカスティージョはスレマを殴ってしまう。

どうせ居場所は知らないとファビオに言うカスティージョ。

するとスレマは、知っている証拠に、セサリオがトンネルを使っていたことを話しだす。

トンネルを抜け、森を抜けてバスに乗ったんだと言う。

でも肝心のバスの行き先は言わない。

実際にエレナとバス停まで行ってみたカスティージョだったが、その後の足取りの選択肢が多すぎてわからず。


一方、マカレナが移動したのはスレマがいる234号だった。

嫌がるマカレナだったが、バンビは同房になり嬉しそう。

ファビオにエレナは警官だったのねと言うマカレナ。

少しの嫉妬は悪くないと言うと、リソスとは完全に別れたと話す。

そしていつ逃げるのかと聞く。

時間が必要だというファビオ。

ロマンが戻ったら電話ではなく直接俺に会いにこいと伝えろと言う。


リソスもマカレナが好きな男性がファビオだと気付く。

取り調べ室に移ったスレマは、まずはサライを懲罰房から出すことを要求。

サライが解放されると、次に自分を自由にしろと要求する。

あり得ないと言うカスティージョ。

模範囚なら別だというスレマ。

カスペルが死んだ件は自殺。←スレマが殺した

脱獄はマカレナと同様、巻き込まれただけだと言う。←スレマが首謀者

ウソをついて判事を説得しろと言うのかと言うカスティージョ。

ずっとその調子なら他の刑事に代わってと言い、そうすれば内部調査部も喜ぶと脅す。

そしてあんたは少女を救うより私を罰したいんだねと言う。←確かに

死んだらお前のせいだというカスティージョ。

時間がかかると少女の居場所を忘れるかもというスレマ。


誘拐された少女のアマイアはというと、食べ物も飲み物も底をついていた。


一方、中庭にいるマカレナに声をかけるバルブエナ。

アナベルがうつだと認められ、午後には懲罰房を出るというと、もう退屈しないなと言って去って行く。←意地悪ね

それを聞いたマカレナは、バスケをしていたリソスのところに割り込み、今日アナベルが戻ってくる、狙われていてあなたも危ないと訴える。

しかし聞く耳持たないリソスと取っ組み合いに。

バルブエナに止められるのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~スレマは駆け引き、マカレナはファビオに夢中やね~

どうしてスレマの思い通りになっちゃうのかしらねぇ。

結局サライはスレマに協力しちゃうし、スサナからはまんまと少女の居場所を聞き出しちゃうし、しかもスサナのことは自殺へと導いてるからね。

しっかりと少女の行方を唯一知る人物の座に収まっちゃったわよ。

絶対に自由にしてはいけない人物よね。

カスティージョ警部の気持ちはよくわかるけど、でもカスティージョ警部も絶対に悪い!

マカレナがしたくもない脱獄をして戻ってきたときのこと。

ファビオとの約束通りにして、マカレナに証言してもらっていれば、こんな事態は防げたはず。

因果応報ともいえるよね。


そしてマカレナはと言うと、リソスに対してちょっと酷かったよね。

当初はリソスの方から別れを切り出すように仕向け、それが無理だとわかると自分から。

しかもどうやったら別れてくれる?とまで言っちゃうなんて。

心はもうファビオとの逃避行でいっぱいなんやね。

そしてカレンダー制作も中止にする。

そこは中止にすることなかったんちゃう?

マカレナの弁護士費用を捻出するために始めたけど、別にみんな楽しんでたし、基金みたいなこと始めてもよかったんじゃない?

それこそ刑務所のイメージアップにつながると思うんだけど。


あとびっくりさせてくれたのはバルブエナよね。

まさか動画をネットにアップするとは。

完全にリソスに惚れとるね。

だからマカレナに意地悪な言動するのか。

でもあなたの大切なリソスもアナベルに狙われてるからね。

そこはどうするんやろう。


そしてそしてまたしてもロマンの様子はスルー。

まだトラバサミに手を挟まれたままなん?

次回くらいには誰かがロマンを発見してくれるかなぁ。

マカレナも連絡が遅いことに疑問を持てっちゅうねん。

ファビオのことばっかり考えてウキウキしすぎやね。

 

続きはコチラ
ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン2 #16 絶望のカード同盟 - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ロック・アップ/スペイン女子刑務所-シーズン2 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ