夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン4 第2話 脱獄

あらすじネタバレ 

サンドバルは看守のイエロ(←スレマの護送担当で痛い目を見た男(*`艸´)と面談し、上空でのスレマとのセックスの感想を聞く。

恐怖を感じたと答えるイエロ、そして二度とスレマには騙されないと約束する。


一方、ニワトリ小屋ではまたしてもアルタグラシアがゴヤたちに因縁を付けられていたが、スレマが助っ人に入りゴヤたちは退散。

2人きりになると、今日脱獄することをスレマに明かすアルタグラシア。

中庭では、パラシオスが囚人たちを集めて合唱団を指揮していたが、なかなかうまく行かず。


サライはリソスと一緒にモニター超しでの赤ん坊との面会。

許されている時間は1日1時間。

今後は母親棟へ移る予定だが、赤ん坊の健康状態は悪く退院の見込みも薄そう。

しかも面倒を見るには高額の費用がかかるらしい。


一方、サンドバルと2人きりで面談したスレマは、私を襲えば墓穴に放り込んでやると釘を刺される。

その後、アルタグラシアに脱獄計画を尋ねるが、逃げられるのは私だけで、手を貸せば後で助け出すと言われる。

リソスは廊下に置かれっぱなしにされていたドラッグを狙っていた。←メルセデスが犬に襲われた時のやつ

そのことに気付いたソレとテレは止めようとするが、結局はリソスに協力。

しかしリソスがドラッグを拾うのをゴヤが目撃する。


その後、食堂では脱獄の一件以来初めて顔を合わせたサライとスレマが激突!

娘は真っ白で死にかけてたと言うサライに、私はやるべきことをやっただけだと言うスレマ。←結局スレマはサライに2発撃たれたらしい(* ´艸`)

2人が散々やり合ったあとようやく看守が止めに入る。


その頃、通路の薬物が消えているのに気付いたミジャンはサンドバルに報告。

監視室に確認に行くが、カメラはタオルで覆われ妨害されていた為、誰が持ち去ったかは分からず。


洗濯室では、ゴヤがリソスにヤクをよこせと迫り、リソスは相棒にならないかと取引を持ち掛け、25%がゴヤの取り分で取引は成立する。


ミジャンは、アルタグラシアにも合唱団に入るようにと声をかけたパラシオスのことが気に入らず、このままだと看守全員が敵になると警告。

囚人たちだけのグループセラピーでは、いつも乱暴なゴヤに対してみんなの不満が集中砲火。

そこでゴヤが子供の頃、母親からはブタだの脂肪の塊だのと罵られ殴られていたことを知ることに。

もし母親が生きていたら「抱いて」と言うというゴヤを、優しく抱きしめるソレとテレ。


一方、スレマは看守のイエロに近付き、アルタグラシアは脱獄する気だと囁く。

すぐさまアルタグラシアを確保し部屋へ閉じ込めると、スレマが裏切ったと告げるイエロ。

しかし所内には警報が鳴り響きスレマが脱獄したという連絡が!

イエロはアルタグラシアを残し現場に向かう。

サンドバルは無線で「敷地内から出すな、もし撃つなら確実に殺せ」と指示。


スレマとアルタグラシアの計画はこう。

スレマが脱獄騒ぎを起こし看守たちの気を引いている間に、アルタグラシアが脱獄を果たすというもの。

またしてもスレマにまんまと翻弄されたイエロ。

スレマは捕まるがこれも計画通り。

そして帰って行く面会人たちに紛れ脱獄に成功したアルタグラシアは、まんまと車で逃走するのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~またまた脱獄ですよ~

今回は序盤のカオスが凄かった。

イエロは単なるスレマの移送担当ではなく看守で、サンドバルは相変わらず囚人の夫婦面会の覗き。

サライがモニターに映る赤ん坊を見ているかと思ったら、ゴヤの性欲が存分に満たされていたりと・・・

皆様方のそれぞれの日常が垣間見えました。


そしてスレマとサライの顔合わせ。

まずはサライの会心の一撃が食堂のトレーによって炸裂(゚д゚)!

もちろんスレマもやり返すんだけれど、互いに見事なクリーンヒット!

見ているこっちまでスッキリしちゃう。

結局、スレマは車中で2発の銃弾を浴びていたらしいけど、その割にはちょっと元気が過ぎやしませんか(* ´艸`)

今後、2人の第2ラウンドがあるのかないのかは知らんけど。


一方で、ゴヤにも少しスポットライトが当たりましたね。

性欲が強く乱暴者のゴヤ。

辛い幼少期を告白したくらいじゃあ、あのジャイアン気質が変わるとは思えない。

ドラッグの件ではリソスの相棒となったわけだけれど、うまくやっていけるのかしら?


そしてドラッグと言えば、アレを拾っちゃうなんてリソスも思い切った行動に出たわよねぇ。

メルセデスが犬に襲われるところを見ていたのに(ll´Д`ll)

それってやっぱりサライの赤ん坊のためなんだろうけど、この先サンドバルにバレないでいるなんてありえない、たぶん。

変態でドSでプライドの高い権力者。

こうして書いてみるとやっぱり最悪。

脱獄騒動を起こしていたスレマのことを、「撃つなら確実に殺せ」と指示していたし、こんな人が刑務所の所長だなんて世の中どうなっているんだか┐(´д`)┌


そして一番の驚きは、スレマがアルタグラシアに従ったこと。

スレマを見ていたら、自分が先に脱獄するって言いそうなのに、そうはせずにアルタグラシアの後で助け出すという言葉を信じた。

今回は良く動き働いたスレマ。

顔芸も凄かった(* ´艸`)

予告編もなんかすごいことになってるし、立ち止まるってことはまずなさそう。


そしてそして、ちょっと嬉しかったのはパラシオスの出番が増えたこと!

眼鏡をはずすと意外とイケメン。

囚人たちの合唱団もどうなるんでしょうね。


続きはコチラ
ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン4 第3話 体の痛みと心の痛み - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ロック・アップ/スペイン女子刑務所-シーズン4 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ