夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

エンジェルズ・シークレット シーズン1 最終話 #50 天使か悪魔か

あらすじネタバレ 

カロリーナの自殺で幕を下ろした前回、今回は・・・

カロリーナの葬儀が行われ、打ちひしがれた様子のアルレッチ。

ダレルーニは全てをカロリーナに話していればと、真実を隠したことに責任を感じていた。

そしてイルダは、真実こそ知らなかったが、あの家で恐ろしいことが起きたと推測。

二度と孫に近付くなと言ってアレックスを追い払う。


家に戻ると、遺品の保管場所を教えると言うイルダ。

そこには宝石とカロリーナが自殺に使用した拳銃が。←自殺は証明されたから戻ってきた

イルダは自分が死んだらこの銃も棺に一緒に入れてと頼む。

そこへアルレッチの父親が後妻と共にアルレッチを迎えに来る。

目当てはアレックスからもらい受けたカロリーナとアルレッチの莫大な財産。

ここに残りたいというアルレッチの意見は無視され、カロリーナが亡くなった今、父親の権利は自分にあると言い、財産を管理する必要があると言ってアルレッチのことを連れて帰る。

アントニーとファニー

ファニーが家に帰ると、荷造りを済ませたアントニーが待っていた。

永遠にパリで暮らすと言って別れを告げるアントニー。

ファニーは、アントニーがアルジャンとパリに行っても貧乏なヒモになるだけだと甘く見ていたが、広報担当になったと聞いて驚く。

しかもジョヴァンナも同行し、新しい化粧品の顔となり国際的なモデルになると聞き動揺。

キスをして幸運を祈ると言って去って行こうとするアントニーに、ファニーは行かないでと言って縋る。

財産の共有、事務所の共同経営、結婚を口にし引き留めようとするが、君の負けだ、みっともないぞと言って出て行くアントニー。

残されたファニーは一人泣き叫ぶ。


一方、アルジャンとジョヴァンナと合流したアントニーは、凄く楽しそうだった。

ファニー復活への道!?

ヴィスキーの前でも弱音を吐き泣き叫ぶファニー。

そこでヴィスキーは「アントニーを忘れさせて」と言って、ファニーの元へレオを送り込む。

そして自分はロウルデッカを呼び出し、アントニーに捨てられたファニーの元にレオを送り込んだことを話し、クラブでハメを外す。


レオを見たファニーは大笑い。

レオに贈り物として送り込まれたんだと言い服を脱ぐようにと命じると、一言「いいわね」と呟く。

ピアとイゴール

ピアはイゴールに、自由な関係なんて望んでいない、安定した関係がいいと本音を打ち明ける。

今まで必要だと思っていた贅沢な暮らしも、あなたがいれば必要ない、あなたとの子供が欲しいと言ってイゴールに結婚を申し込む。

もちろん結婚すると答えるイゴール。

ラリッサ

ラリッサは宣教師エマニエルと共にホームレスたちにサンドウィッチを配るまでに快復していた。

その列にホイが現れる。

サンドウィッチを手に去って行くボロボロのホイの姿を見て、ショックを受け泣くラリッサ。

アルレッチへの訪問者

アルレッチの元にはギーが訪ねてくる。

ギーは、過去を忘れて結婚しようと言いに来たのだ。

時間が必要だというアルレッチ。

でも私が連絡したらその時は永遠に一緒になれると返事する。


数日後、今度はアレックスが訪ねてくる。

アレックスはアルレッチの父親に、これまで通りのアルレッチへの支援を提案、異母妹のヤスミンの教育費の援助も申し出る。

あからさまに喜ぶ後妻。


そしてアルレッチはアレックスと共に帰る。

車中で、あの家はイヤだから別荘に行こうと言うアルレッチ。

その前にイルダの家へ荷物を取りに行き、泣きながらカロリーナの写真にキスすると、拳銃と銃弾を持ち出す。

アルレッチの前ではそんな素振りは見せなかったが、イルダの具合はかなり悪かった。

別荘に着くと、アレックスはすぐにベッドでエンジェルを求めるが、エンジェルは船で海へ行こうと誘い出す。

沖に船を止め、デッキにいるエンジェルの所へ行くアレックス。

しかし振り返ったエンジェルの手には銃が!

捨てろと言うアレックスに、罪悪感でいっぱいだというエンジェル。

私はイヤだったのにあなたに巻き込まれた、あなたが母を死なせたと言って銃を向ける。

愛があるから君は私を殺せないと言って、エンジェルの前へと進み銃口を胸に押し当てるアレックス。

確実に殺せるし死体も見つからないが君は撃たないと自信満々。

心から愛してると言ってエンジェルの首元にキスすると、エンジェルも「私もよ」と言い、アレックスの腹部に発砲。

うつ伏せに倒れたアレックスの背中に何発もの銃弾を撃ち込む。

そして足で蹴り海へ。

証拠隠滅を図ると最後は銃を海に投げ捨て一服。

日が暮れてきた空に照明弾を打ち上げる。

保護されたエンジェルは、彼は頭を打って海に落ちたと泣きながら証言。


そしてその後、アルレッチとギーの結婚式。

幸せそうなギーの隣には邪悪さを纏ったアルレッチ。

イルダは亡くなったため姿はなく、ダレルーニは複雑な表情を見せ、目が合ったファニーは何かを感じ取るのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~出会った時は間違いなく天使だった、でも今は???~

とうとう終わってしまった。

言いたいことはヤマほどあるが、忘れそうだから最初に言っておく。

アルレッチのパパと後妻は最低最悪やな。

遺産目当てにアルレッチを連れ帰るなんて、厚顔無恥とはまさしくこの夫婦のこと。

久々に見た後妻はやっぱりこの役に持ってこいの意地悪顔やね。


一方、立ち直る過程にいるラリッサ、イゴールと幸せになろうとしているピア。

遠回りはしたけれど、確かな一歩を踏みだせたみたいでこのドラマの救いになってるね。

でもちょっと意地悪なことを言うと、ホイがあんなにボロボロになったのはラリッサにも責任がある。

この2人の場合は互いに責任がある。

クラックの世界を教えたホイと、クラックを求め続けたラリッサ。

ラリッサだけが救いの道を見つけ、ホイは堕ちていくだけ。

ラリッサの真価が問われるのはむしろ今後。

このドラマに続きはないけれど、ホイを救いきれいに別れることができた時が、ラリッサの本当の復活の時だと思う。


そしてアントニーに捨てられたファニー。

結果的にはアントニーの勝ち逃げになっちゃったね。

でもいいと思う。

アントニーはクズだけど努力してたし、ファニーに奉仕していたのも事実。

そして最後は直に別れを告げ義理も果たした。

金庫の金は持って行ったけど(* ´艸`)

ファニーがアントニーを繋ぎとめるためにしてきたことは全て裏目で自業自得な面もあったしね。

お金は渡すけれど、給料も役職もなしじゃ仕事に貢献したとしてもやっぱり単なるヒモでしかない。

ファニーはもう割り切ればいいと思うのよ。

せっかくヴィスキーがレオをお世話してくれたし、レオに飽きたら別の誰かって感じで、熟年女性が若い男性に金をつぎ込んで楽しめばいいと思う。

事務所はアルジャンの仕事をしたおかげで儲かってそうやしね。


そして、エンジェルとアレックス。

その前に、冒頭の先週の振り返りで、カロリーナが自殺しようとしてるシーンを改めて観てみると、あの自殺は2人への当てつけのように見えた。

仁王立ちした後ろ姿に、私は悲壮感を感じなかったのよね。

どちらかというとパニックと興奮。

もちろん真意はわからない。

ただ、カロリーナが完全なる被害者だったとは絶対に思わない。

カロリーナ自身、2人の関係のことを心の底では分かってたって言ってた。

そして今回、アルレッチは「私はイヤだったのにあなたに巻き込まれた」って言ってた。

アルレッチはまだ未成年、だとすると立派な虐待と言えなくもない。

ただ、2人は互いに愛し合って楽しんでいたから、結果的にカロリーナが騙されたことになっているだけだと思う。

いちばん悪いのはアルレッチに近付くためにカロリーナと結婚したアレックスだけど、イルダの罪も負けないくらいやっぱり大きい。

アルレッチは最後、アレックスに何発も銃弾を撃ち込み殺すことになった。

けれどそれは大人たちが誰一人として始末をつけてくれなかったから。

イルダのカロリーナファーストがこの悲劇の発端。


そしてフィナーレ。

アルレッチとギーの結婚式。

アルレッチは完全に以前のアルレッチとは違う。

ファニーはそれに気付いてるように見えた。

この先2人の幸せな結婚生活がどれくらい続くのかはわからないけれど、もし破綻したとしてもこれだけは言える。

アルレッチなら大丈夫。

エンジェルとして凄い秘密を抱えてしまったけれど、できればアルレッチとして以前夢見ていた穏やかな生活を送らせてあげたいなぁ。


シーズン1の目次はコチラ

patiently.hatenadiary.com