夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ロック・アップ/スペイン女子刑務所 シーズン1 最終話 #16 計画

あらすじ

刑務所では引き続きファビオの捜索が続けられるが一向に見つからない。

一方、スレマはマカレナに近付き、贈り物があると言う。

要らないというマカレナに、欲しがるはずだと話すスレマ。

そして父親の元には、スレマの弁護士から電話がかかって来るのだったが・・・

ネタバレと感想 

ファビオは停電が起こった直後からどのカメラにも映ることなく行方が知れない。


一方、審理が決まったマカレナは、スレマを殺そうとしたことで、自分には自由になる権利なんてないのかもと口にする。

だけどリソスに励まされる。


その頃、父親の元にはスレマの弁護士から電話が!

少額のお金と引き換えに、今後の安全を約束するという取引を持ち掛けられる。


そしてソレにも吉報が!

心臓移植手術予定の患者が、感染症のため対象外になり、次に適合性の高いソレにチャンスが巡ってきたのだ。


パラシオスは、ファビオの行方不明の件でサンドバルを疑っていた。

階段から落ちてケガしたんじゃないことを知っていると言うと、サンドバルは殴られたのは彼の恋心のせいで、所長に報告すると言ったら殴られたと話す。←ウソばっかり


一方、父親はスレマの弁護士と会う。

弁護士が言うには、100万ユーロはお譲りし、金と引き換えにハンバルを引き渡すと言うのだ。

ハンバルの隠れ家を聞き、ロマンと共にハンバルを捕まえに行く父親。

捕らえて警察に突き出す作戦。

ハンバルはスレマに捨てられたのだ。


そして刑務所では依然としてファビオの行方はつかめずにいた。

しかしトイレで血痕が発見される。

ファビオはここで襲われたらしい。


一方、ソレのところには、サンドバルが心臓が病院に届いてから4時間が経ち、救急車で急いで向かっても移植には間に合わないと告げに来る。

ガッカリするソレたち。

マカレナは所長に直談判に行く。

すると所長はソレのためにヘリコプターを手配した。

たくさんの囚人たちに見送られヘリに乗るソレ。


一方、ハンバルを捕らえたロマンは、警察に向かわずに人気のないところへと車を走らせる。

制止しようとする父親を手錠で繋ぎ、ハンバルを連れて行くロマン。 


そしてマカレナは裁判所での審理のため、見送るリソスと抱き合う。

しかしその時にリソスの口紅がブラウスにベットリとついてしまう。←もしかしてわざとなのリソス?

このままでは行けないというマカレナに、洗濯室で1分で染み抜きしてこいと言うパラシオス。

マカレナが洗濯室へ行き、干されたシーツをめくって一番奥まで行くと、そこにはスレマたちがいた。

そして洗濯機の裏側には大きな穴が( ゚Д゚)


その頃カスティージョ警部もトイレに詰まったコンクリートのかけらを手につかんでいた。


一方で、ロマンは穴を掘りハンバルを放り込んで、生き埋めにしようとする。

そこへ手錠を外した父親がやってくる。

必死でロマンを止める父親。

黙々とハンバルに土をかけ続けるロマン。

すると父親がハンバルを撃ち殺した。


その頃マカレナは一緒に来なきゃ殺すと言われ、無理やり一緒に脱獄させられる。

そしてカスティージョ警部が気付いた頃には、既に穴は洗濯機で塞がれ何事もなかったようになっていた。

木曜日にシーツを洗濯するのを利用して、11か月もかけて洗濯機の後ろに穴を掘っていたのだ。

干したシーツが隠れ蓑となり監視カメラには洗濯の様子しか映らず。


一方、マカレナは逃げる途中に血を流し手錠で繋がれたファビオを見つける。

スレマに対し、捕まえてやると叫ぶファビオ。

そして、サライの「外に出られた!」という声が響くのだった。 

スポンサーリンク

 

脱獄なんぞしなくても自由になるチャンスはすぐそこだったのにね、マカレナ。

気になるのはリソスがわざと口紅つけたんじゃないか、ってこと。

もしかしてサライから聞いてた?脱獄計画のこと。

リソスの表情がわざとつけたようにしか見えなかったんだけれどどうなのよ?

逃げようとしたマカレナを捕らえたのはサライだったしね。

あんなにスレマに怒っていたのに脱獄は一緒にするんやね。


そしてファビオはやっぱり捕まってたよ。

パラシオスはファビオのことめっちゃ心配してたけど、刑務所内から見つかったのこぎりをみては人を切断できるといい、塩酸をみては人を溶かせると言ってネガティブ発言を連発。

サンドバルの言うことは鵜呑みにしちゃうし、いい人なんだけれどそれだけじゃあねぇ、ちょっと残念!


一方、ソレのためにヘリを呼んだ所長は素敵すぎる!(^^)!

だけどパラシオス同様、囚人たちにちょっと甘かったかな、サンドバルの悪事にも気づいてないしね。


そして父親とロマンよ、とうとう最後の一線を越えちゃったわね。

ロマンの怒りはわかる!だって娘になるはずだったルシアを殺された、今更後には引けないよね。

その責任は誰にある?ってなったとき、やっぱり引き際を間違った父親が悪いと思う。

息子を殺人犯にしなかったことは、父親が今できる最低限の行為だったと思う。

だけど本音を言うと、ハンバルには生き埋めで最高の恐怖を与えたかった。

銃で終わらせるなんて、罪に対して罰が軽いとさえ思える。

そしてスレマにはもっと凄い罰を用意しておいて欲しい。

なんだかんだでシーズン1はこれが最終話。

そういえばテレの元気な姿も見れたよ、明るい表情をしていて良かった。

ソレも手術が上手くいくといいなぁ。

そしてそしてやっぱりサンドバルの囚人たちへの悪事が、いつか白日の下にさらされ社会的制裁が下されますように、と祈らずにはいられない。

シーズン2の展開に期待です。


続きはコチラ

patiently.hatenadiary.com

patiently.hatenadiary.com