夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

マジシャンズ シーズン5 第5話 地獄の黙示録!?

あらすじネタバレ 

前回、調和的収束(世界の終わり)を防ぐには月を動かせばいいだけだとゼルダは言うのだったが・・・

月を動かす方法については、ルナティック(月の狂信者)に相談するようにというゼルダ。


そこでアリスとジュリアが精神科病院に入院していたリーバ(ルナティック)に会いに行く。←白目には月のタトゥーが!

リーバ曰く、月は気高き女神らしい。

月を動かすことはできないが、月に移動するようにお願いすることができるという。

それにはまず3人が「月脳」になって儀式をする必要があり、月脳になれば、月の赤いオーラが見え、黄色なら考え中、緑なら耳を傾けているらしく、緑になった時に移動をお願いすると言うのだ。

ただし、緑の状態なら誰の願いでも届くため、最も強いものが声をあげるようにと注意。

そして代償として月の石が必要で、儀式を終えると石は消滅するらしい。


フィロリーでは、マーゴがエリオットに妖精が狩られていることを話すが、攻撃する前に敵は誰なのかを見極めるべきだと慎重なエリオット。

そこへジョシュが伝言ウサギを連れて現れる。

ウサギの伝言は「地獄の黙示録!世界が終わる」というもので、3人はひとまず地球へ戻ることに。

そして戻る前にエリオットは、フェンに城の誰が妖精のことを嫌っているのかを探るようにと指令を出す。

「月脳」 への道

地球に戻ったマーゴたちは、「月脳」になる説明を聞く。

月脳は極度の不眠による精神の変調らしく、5夜連続の不眠を魔法を使わずに達成する必要があるとのこと。

そして収束が起こるのも5日後。

早速今夜から始めることになり、それと同時に月の石を探す。 

書庫を探すケイディとゼルダ

ケイディはゼルダと共に、ヘルズ・キッチンへと移った書庫を探しに行く。

今ならリードの印を消せるけど、月を動かした4日後はどうなるかわからないため急ぐケイディ。

書庫を探しながら、ヘンリーが自分のせいでエーテル界にいることを話す。

するとゼルダは、3年間過ごしたことがあると明かし、自分を憎むのを辞めたら皇帝が私に飽きた、ヘンリーが残ったのは彼自身の問題だという。


そしてとうとう書庫が見つかり、目的の「医療便覧」を手に入れた2人。

2人は気付かなかったが書庫には男が1人隠れていて誰かに連絡していた。 

月の石の在りか

残り時間が12時間となり、月の石を持っている人物が判明。

オーレン・ウェストブルックという有名人らしく、白目には月のタトゥーあり。

早速彼に会いに行くジュリアとエリオット。

そこで石を見せてもらった2人は、収束を止めるために石を貸して欲しいとお願いするが、オーレンに収束を止める気はなし。

収束のせいで大勢が死ぬことも知っていたが、オーレンは収束の後に金儲けをするつもりなのだ。


アパートに戻った2人は、アリスからオーレンの月の石にはマヤコフスキーの拘束の魔術がかかっていることを知らされる。

そこでマヤコフスキーに会いに行くジュリアとアリス。

しかし出迎えたのはマヤコフスキーの娘のナターシャで、オーレンの月の石に拘束の魔術をかけたのもナターシャだった。←彼と別れる前にかけたらしい

拘束の魔術を解く条件はひとつのシェード(陰)と引き換えだというナターシャ。

エリオットの異変

ジュリアはエリオットの様子がおかしいことに気付いていた。

実はエリオット、時々自分の名を呼ぶ声が聞こえていたのだ。

ジュリアは、自分が怪物姉に憑依されていた時の記憶があることを明かすが、エリオットは覚えていないと言い張る

その会話を隠れて聞いていたマーゴ。

調和的収束まであと1時間、そして収束

ジュリアたちはオーレンが開いているパーティーへ潜入し作戦開始。

まんまとナターシャを月の石の部屋へと招き入れる。

そして月の部屋で爆発音が響き、警備員が駆け付けるが石はなく、天井に穴が開いていた。

逃げようとしているところを捕らえられ連れて行かれるマーゴ、ペニー、ジョシュ。


一方、月の石の部屋にはジュリアとアリス、エリオットの姿が!

月の石は持ち出されておらず、ずっとそこにあったのだ。

月脳になった3人は儀式を開始。

月のオーラは赤から緑へと変わって行くが、あと少しというところで赤に戻る。

気付くとエリオットがいない。

エリオットは「ここから出して」という声に導かれ部屋の外の鏡の前に立っていた。

そこへ警備員が現れるが、なぜか次々に眠る警備員たち。


そして月の石の部屋に現れたのはマリナだった。←警備員が眠ったのはマリナの仕業

収束を起こしたいのと言って、ジュリアとアリスに手錠をかけ拘束。

世界を滅亡させる必要はないというジュリアに、このために苦労して書庫も盗んだしあると言うマリナ。

そこへケイディが現れる。

書庫でケイディたちの話を盗み聞きした男はマリナの手下だったのだ。

そして収束が始まり魔力は急騰、それを体で感じるジュリアたち。

すると3人がかりの儀式もひとりでできるというアリス。

部屋へ戻ってきたエリオットは儀式を開始し、月のオーラは緑色に。

しかし邪魔をしようとマリナも参戦。

どんどん消滅していく月の石。

そしていよいよ月の石が完全に消滅し、空を見上げると月は割れていたのだった(゚Д゚;)

スポンサーリンク

 

 

感想 ~それで調和的収束はどうなったの???~

月を動かす方法が月にお願いするだなんて、全く考えが及ばなかったけれど、でもまぁ、理にかなってる。

それにルナティックのリーバ曰く、月は女神様。

ならば移動してくださいと頼むのが筋ってもんよね、人として。

でもその結果、まさか割れてしまうとは( ゚Д゚)

魔力が急騰する中、異なる願いの思いの丈が同じくらいで、月神様はちょっと狂ってしまったのか、それとも割れたのが答えだったのか?

月神様の真意はわからないけれど、収束はどうなったの???

割れたからには星の配置は変わったはず。

移動どころか粉々なんだもの。

そしてこのままで済むとは思えない。

月が割れてしまったことを知ったルナティックたちだって黙っているかしら?

突然現れたマリナだって、どうして収束を起こしたかったのか?

でも書庫を盗んだのがマリナだとわかって、いかにもマリナがやりそうだなと納得。


そして実はヤバいことになってるんじゃないのかと心配なのがエリオット。

怪物弟の声に悩まされているのに、ジュリアにも言えなかった。

同じ目に遭った同志だというのに、ジュリアに言えなかったら誰に言う?


それにナターシャとの拘束の魔術を解いてもらうためにした取引。

アリスとジュリア、どっちのシェード(陰)を渡したんだろう?

2人とも一度はシェードを失くした経験者。

シェードがないということがどういうことかはよく知ってるはず。


そしてフィロリーでは妖精が狩られている。

その理由もまだわかっていない。

お話は進んでいくけれどわからないことだらけ。

まぁ、私にとってわからないっていうのはいつもどおりってことなんですけどね(;´・ω・)


続きはコチラ
マジシャンズ シーズン5 第6話 おっと!またやりなおし - 夜更けに海外ドラマ