夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン3 #11 & #12 ネタバレ感想

あらすじネタバレ 

#11 毒娘ヴィシュカンニャ

カニシカを連れてヴィシュカンニャ(毒娘)の住む森を訪れたシヴダットは、娘たちが幼い頃にここに連れて来られ、少量ずつの毒を飲み耐性をつけていることを話す。←アレクサンドロスと一緒やね

耐性のできた娘のみがヴィシュカンニャとして生き、他者の毒となり、死後の世界へと送り出すという。←暗殺者誕生

ヴィシュカンニャをプルの元へ送り込む計画だが、まだ暗殺の好機が訪れないという。

そしてもう待てないと言うシヴダットに、計画は進行しているというヴィシュカンニャ。


一方、森へと上陸したプルたちだったが、村人たちは全員殺され、村が焼き払われた後だった。

そこでただ一人、生き残った娘を発見するプル。

自分は流浪の民でこの村の祭で余興の披露をするために来たが、突然襲撃が起き、村人が皆殺しにされ、火をつけられたと話す。

誰が何の目的でやったのかはわからないらしい。

生き残ったのはあなただけと言って、疑いの目で娘を見るプル。

すると生き残りは他にもいると言って、隠していた小さな少年を見せる。

彼女の弟だと言うが意識はない。

私の村は遠いため、送って欲しいと頼む娘。


ペルシャでは、アレクサンドロスがゴルディオスの結び目の前にいた。

何世紀も前より多くの王が挑んだがみんな失敗したと言うアダ女王。

万が一、結び目が解けなければ兵たちの信頼を失うことになるからやめたほうがいいとアレクサンドロスに進言する。

しかしアレクサンドロスは、過去に成功した者がいないからと言って誰にもできないとは言い切れないと言う。

アレクサンドロスは不可能を可能にするのだと。


一方、娘の同道に反対するハスティとアンビ王子。

ただ一人ラチだけがその意見に反対し、プルに決断を迫る。

女を連れて行くというプル。

ただし、我々が何者でどこを目指すかは、絶対に明かしてはならないと言うのだった。

#12 息をのむ瞬間

ゴルディオスの結び目を前にしたアレクサンドロスは、まずはへファイスティオンに結び目を解くようにと命令。

しかしへファイスティオンは解くことができない。

次にアレクサンドロスがゴルディオスの結び目の前へと行き、じっくりと観察。

そして剣を一振りして結び目を解く。

「断ち切るとは」と言って驚くアダ女王。

解くことが目的でどう解くかは問われないはずというアレクサンドロス。

求めは達せられたと宣言する。


勝負に挑むとき、頼るべきは腕力ではなく知力。

知恵をもってすればいかなる勝負も壁を突破できるという。

私の知力と情熱は常人の比ではない、結び目を解いたものがアジアの王となると言って、全アジアに君臨するのは私だと言うアレクサンドロス。


アダ女王も感心し、考えを改めたと言うと、そなたは傑物だと言ってシカンダル(大帝)の名にふさわしいと言う。

シカンダルの意味を聞くアレクサンドロス。

一切の敗北を知らぬ者だと答えるアダ女王。

すると巻き起こるシカンダルコール。


そしてそこにダレイオスからの矢文が届く。

イッソスで兵刃を交えたいと言う会戦通告だった。

しかしアレクサンドロスは、正面から待つものは万全を期して待ち構えていると言い、ダレイオスは総軍を配備するはずだという。

対峙するには手勢が足りないとしながらも、ダレイオスには受けて立つと伝えろと指示する。

いかにして戦うかは必ずや方策を見出すと言う。


一方、プルたちの船の上では少年が目を覚ます。

しかし姉だと名乗っていた娘に「あなたは誰?」と聞く少年。

姉さんではないのかと聞くプルだったが、少年は首を横に振る。

「弟が姉を知らないと言うのはなぜだ?」と、娘に聞くプルなのだった。

スポンサーリンク

 

感想 ~シヴダットのプル暗殺計画、着々と進行中~

シヴダットのプル暗殺計画は、ヴィシュカンニャを使って果たす予定なんやね。

で、予告編を見る限りでは、プルが船に乗せたあの娘が暗殺者なんでしょ?

にしても、村一つを焼き払うなんて大掛かり過ぎない?

っていうか、暗殺するにしてはえらい派手な演出よね。

船に乗りたかったんだとしたら、別に森を燃やすだけで、村人たちまで殺すことなかったのに。

プルだって娘が見つかった瞬間から、娘のことを怪しんでたよね。

ラチも、娘を連れて行くかどうかの決断はプルが決めることだって言ってたけど、ラチに言われたらプルが連れて行かないわけがないことくらいわかってたよね。

結局、政治の裏には女性がいるっていうのはこういうことよね。


一方、アレクサンドロスはゴルディオスの結び目の件を見事解決。

剣で断ち切ることはわかってたけど、舐めまわすように結び目を見るアレクサンドロスからはドS臭しかしなかった(〃艸〃)ムフッ

なんなら持っているはずのない大きなワイングラスまで見えそう。

そしてダレイオスから届いた矢文。

兵力では負けてるけれど、あの企み顔で存分に策を練ってほしい。

ダレイオスが涙目で敗走する日は近い!

それにプルたちはどう絡んでくるのか、何を目撃するのかも楽しみ。

でもその前に、プルたちはあの小娘の正体と目的をちゃんと突き止めることができるのか?

まずはそこからやね。

続きはコチラ
ポロス~古代インド英雄伝~ シーズン3 #13 & 14 ネタバレ感想 - 夜更けに海外ドラマ
カテゴリーはコチラ
海外ドラマ-ポロス~古代インド英雄伝~-シーズン3 カテゴリーの記事一覧 - 夜更けに海外ドラマ