夜更けに海外ドラマ

海外ドラマのネタバレありの備忘録。そして妄想したり勘違いしながら感想を書いています。

POWER / パワー シーズン6 第4話 幻影

あらすじネタバレ 

ベッドの上に、アンジェラの幻影を見るジェームズ。

なんでもトミーのせいにするジェームズに、いつも私よりトミーのことを優先していたというアンジェラ。

私に対して罪悪感があるというのなら、なぜトミーは生きてるの?と聞く。

そこへジェイソンからもうすぐ支払期限だという督促の電話が入る。


一方、トミーは仲間たちに今日は大量にブツが届くと話していた。

そして家には、母親のケイトがやってくる←家の消毒のため2日間滞在予定

もちろん相手をするのはラキーシャ。


サックスの所へは、プロクターの元妻が盗聴器を持って来るが、役に立つ情報は何一つなし。


そしてプロクターはというと、ドレを連れてジェームズの所へ。

ドレに掴みかかるジェームズを宥め、まずは話を聞いてやってくれと説得。

ドレは、証人はあんたが撃ったミゲルの女だと検察から聞いたと言い、プロクターは、ドレを利用し、こっちに有利に話を進めようと提案。

ジェームズは、盗聴器をつけ俺が無実だと検察に話せ、もし怪しいことを言ったらペンで頭蓋骨の裏にサインしてやると脅す。


一方、ターシャは弁護士に電話をして、離婚を一時的に保留にしようと思っているから何もしないでと告げる。

ターシャ 

準備中の託児所では、4歳の娘を引き取ったクイントンという男性が現れ、ターシャといい雰囲気に。

そこへレイナの信託基金の解約について電話がかかってくる。

ターシャは選挙事務所に乗り込み、ジェームズが勝手に娘の信託基金を解約したと言って激怒。

しかしラモーナは、ジェームズのことは忘れて自分のビジネスに集中すべきよと助言。


一方、ジェームズはテイトに会い、街を封鎖するようにと無茶ぶり。

タリクはトミーの倉庫に忍び込みクスリを盗んでいた。

トミーとジェームズとテイト

トミーたちはブツを運ぼうとするが、外はガス漏れで通行止め。←ジェームズとテイトの仕業

そこでトミーは救急車を使って配達することに。

それを見ていたジェームズは、車に乗り込み救急車の側面から体当たりし、止まったところを発砲。←けが人はなし

トミーたちは逃げたが、ジェームズは私服警官二人に捕まりクラブにいたテイトのところへ連れて行かれる。

知事選の邪魔をされたくないと文句をいうテイト。

するとジェームズは、俺の問題は君の問題だ、追っていたのは危険な男で俺が始末する予定だった。でも君の力を借りたことがバレた。

俺は全員を守れない、次は死人が出るぞと言ってテイトを追い返す。

そしてまたアンジェラの幻影が現れる。

トミーを殺そうとしたというジェームズに、でも殺さなかったというアンジェラ。

私が聞いたのはなぜ殺さないのかってことよ、男は行動で決まるって言うけど、あなたはどんな男なの?と言って消える。

ドレ

ドレは盗聴器をつけカフェでサックスと会う。

言われた通りジェームズは無実だと話すが、アンジェラを殺した証拠を捜せというサックス。

ジェームズとプロクターはその様子を車で聞いていた。

そして奴は証人を街から追い出すと言っていたと話すドレ。

ドレと別れたサックスは証人の女性の家へ。

ドレはサックスの後をつけ、プロクターに証人の家がわかったとメールする。

ジェイソン

クラブにやってきたジェイソンは、どうやって市を巻き込みトミーを殺そうとした?とジェームズに聞く。

そしてトミーを殺し卸売人になれば問題は解決すると持ち掛けるが、ジェームズは、俺は足を洗った、この話は終わりだというと、ジェイソンは帰って行く。

ジェームズと証人

ジェームズは銃と封筒を持ってドレと共に証人の家へ。

ドレはサックスに、証人の家にいるとメールし、サックスからはFBIを送ると返信が。

ジェームズは怯える女性に、やり直す機会を与えると言って封筒に入ったお金を渡す。←ガッカリするドレ

ジェームズたちが車に乗り込むと、入れ違いでFBIが到着するのだった。

トミーとイタリア系ファミリー

トミーは再びイタリア系ファミリーのヴィンセントに手を組もうと持ち掛けるが、ブツは足りていると言って断られる。

そしてその時見せてもらったブツはトミーのブツだった。

誰から仕入れたかを追求するトミー。

それがタリクだと分かると、あいつに構うなと言い、険悪なムードに。

商売の話は忘れてここから出て行けと言われる。

サックスとプロクター

プロクターの事務所に現れたサックスは、トミーとジェームズではなく自分を守るべきだと言い、油断してるとリンジー(元妻)に親権を取られるぞと揺さぶりをかける。

トミーとタリク

タリクの寮へとやってきたトミーは、ヴィンセントにヤクを流したなと言って、隠してあったクスリを取り上げる。

そして、お前を愛してる、売人なんかになるなとタリクに話し、タリクももう売らないと約束する。

しかしトミーが帰るとタリクは頭を抱えていた。

ジェームズとターシャ

ジェームズは託児所にいたターシャの所へ行くと、レイナの基金を使って託児所を始めたことを責める。

俺が稼いだ金だから返せと言うジェームズ。

するとターシャは、「それならなぜ私の署名を偽造したの?」と反撃。

2人が言い争っていると、そこへクイントンがやってくる。

彼をじっと見ているジェームズ。←コワッ( ;゚Д゚)

トミーとケイト

トミーが家に帰るとケイトはまだいた。

ラキーシャのことは好きだが深入りしない方がいい、理由は彼女が親だからで、常に息子を優先させるからだという。

お互い不幸になると言われ、ケイトを追い出すトミー。

タリクとヴィンセント

店にやってきたタリクを、何か言うことはないかと言って、頭をテーブルに押し付けるヴィンセント。

自分が思ってるほど君は賢くない、明日は2倍のブツを持ってこいと言ってタリクを返す。

口を封じるべきだという部下に、彼を使えばトミーもジェームズも操れる、簡単には手放さない、それにいつでも殺せると話す。

娘をリンジー(元妻)のところへと送るプロクター。

リンジーが一通の郵便を開けると、そこには「ニューヨーク州司法試験不合格」の文字が!

そんなことなど知らないプロクターは、職場のアシスタントと親しくなったと話し、娘とも仲がいいとリンジーを牽制。

とどめに5カラットの指輪を見せて、帰っていく。

リンジーはクスリを取り出し、口の中へ。

その後、娘から電話をもらったプロクターが駆け付けると、リンジーはクスリでハイに。

しかしすぐに急変し、救急車を呼ぼうとしたプロクターだったが手をとめ、口から泡を吹いているリンジーを見て「君に娘は奪わせない」と呟く。

そして傍らには盗聴器のついた娘のリュックが(゚Д゚;)


一方、ターシャの託児所は無事にオープン。

クイントンも子供を連れてやってくるが、ターシャはあなたとは付き合えないと告げる。


そしてトミーはラキーシャに、君は何より息子を優先するからダメだとケイトに言われたことを打ち明ける。

俺は何があっても君を優先すると言うと、私も同じよというラキーシャ。

俺にはもう君とキャッシュしかいない、ゴーストを家族だと思ってたが、必要な人は近くにいた、これを望んでたと話す。


一方、ジェームズは再びアンジェラの幻影を見ていた。

あの晩、君にウソをついた、本当はシルヴァーを殺したと告白。

君が死んだのも俺のせいだと言って謝る。

そして、過去は変えられないが、今から変わることは出来る、過去のことは全て忘れたいと話す。

なぜ変われると思うの?と聞くアンジェラ。

すると証人を見逃し殺さなかったというジェームズ。

アンジェラが、でも殺すわというと、幻影は消えるのだった。

スポンサーリンク

 

 

感想 ~頭蓋骨の裏にサインって・・・( ;゚Д゚)~

とりあえず、ジェームズの身勝手さに腹が立つ(▼皿▼#)

忘れないうちに先に言っとかないとね。

レイナの信託基金を勝手に解約した挙句、ターシャには俺が稼いだ金だと暴言を吐き、証人の女性に対しては、やり直す機会を与えると言ってお金を渡す。

やり直す機会???

なんじゃ、そりゃ!

なんかいろいろと間違ってるよね。

やり直す機会が必要なのはそっちだろ!

その手は血にまみれ過ぎ。

そして飽きもせずに同じようなことを繰り返してる。

トミーとの仲違いも、ジェイソンの存在も、人が変わっただけで過去をループしてるみたい。

サックスとグルのドレの裏切りだってそう。

そしてドレが見せる情けない顔、良い演技をするよね、ってそこは素直に凄いと思う。


一方、タリクもジェームズに負けず劣らず私の中でのムカつき指数は高位置をキープ。

ガキンチョのくせに世の中を舐めきってる。

盗むことしかできないくせに。

トミーに殺されたらよかったのに。

トミーはタリクの名付け親だし、愛情があるから難しいかもしれないけどさ。

その甘さが自分の身に降りかからなければいいけれど。


そして心配なのはプロクター。

希望は、あの盗聴器は回収しないと聞けないってこと。

リンジーはあのまま息を引き取ったのかな。

だとしたら、サックスがアレを手に入れるのは難しい。

強硬手段で、子供のリュックをひったくりというのもサックスならあり得るかも。

盗聴も許可取ってないみたいだし。

そうなると、ジェームズは一回くらいプロクターのことを助けてもいいんじゃないの?って思えてくるのよね。

全てはサックスの独断でやってることのようだし、サックスの口さえ封じれば、なんてね。


そしてそしてアンジェラおかえり(〃艸〃)

幻影だけどそれでもいい。

真っ赤な衣装もよくお似合いで、ジェームズにうんとうんと意地悪して欲しい。

なのにジェームズってば、これからは過去を忘れて変わることができるとか、いけしゃあしゃあと口にしやがって。

証人を見逃し殺さなかったことがそんなに偉いことなんか!

普通は殺そうとしないんだよ、なぜわからない。

本当に本当に自分勝手なんだから。

でもアンジェラに「でも殺すわ」って言われてたから、きっと殺すんやろうな。

ターシャの恋人だった弁護士も殺したって告白してたしね。

もしかして生きてるかも、ってちょっとだけ思ってた私がバカだった。

ジェームズだけが捕まるいい方法はないのかしらねぇ。


続きはコチラ
POWER / パワー シーズン6 第5話 キングズ・ギャンビット - 夜更けに海外ドラマ